土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

不妊症の漢方相談が「多嚢胞性卵巣で2人目のお子様が早く欲しい」

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から不妊症の子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに喜んでいただいています。

病院での不妊治療がうまくいかないことで西洋医学一辺倒から東洋医学不妊症への漢方パワーを期待されるお客さまが増えてきました。

今朝一番のお客様の不妊症の漢方相談が「多嚢胞性卵巣で2人目のお子様が早く欲しい」というご相談でした。

子宮がん検診でついでに診てもらったら片方の卵巣のエコーがネックレス状だったそうです。

話をお伺いしますと

「中学、高校時代から不順気味でとくに大学時代が体重も増えていて不順気味でした。」

「1年前に授乳は止めていますが、ときどき生理不順になるので生理を整えたい」

というご希望してたので、それに沿って漢方をお勧めしておきました。

ご飯のことをお聞きすると最近、朝にパンを食べているそうです。

パンなどの血糖値が上がりやすいものは多嚢胞の方は控えたほうが良いことをアドバイスしました。

Kさまにお贈りしますお写真は、小国で撮影した田園風景です。

小国で撮影した田園風景

<2010年7月4日 山形県小国町>

こういう何ともない道路の風景に心が昔からしびれてしまいます。

小国で撮影した田園風景

小国で撮影した田園風景

こういう田舎の風景は、心にやさしく素晴らしいなあ。