親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

前回に養血調経と清熱化痰の漢方を

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から不妊症の子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに喜んでいただいています。

病院での不妊治療がうまくいかないことで西洋医学一辺倒から東洋医学不妊症への漢方パワーを期待されるお客さまが増えてきました。

今週の妊娠報告です。

服用したお客様が、15日経過したらだいぶ夜も眠れるようになってきて、悪い夢も見なくなってきたそうです。

結婚して不妊治療してから体重も増えてきて、舌ベロには歯型があって苔も多めで浮腫む感じもありますから、もう少し漢方の形を整えるのでしたら、

1)補血(養血調経)

2)化痰(兼清熱)

補気(ほき)を加えるとバランスがいいです。

とくに玉屏風散製剤あたりは黄耆(おうぎ)が配合されているので、気の推動力を増す感じで体の新陳代謝にもいい感じになってきます。

生理の周期はだんだんと整ってきて28日前後になり以前よりも改善されてきているそうですから、タイミングもとりやすいはずです。

今回の漢方を追加するとすると

1)補血(養血調経)

2)化痰(兼清熱)

3)益気(兼利水)

というテーマでダイエットにも生理不順にもメンタルにも夜の睡眠にも新陳代謝にも良い感じです。

自分でもバランスがいいなあ~と思った次第です。

朝顔

<2010年9月10日 朝顔