はてな版土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

武漢・中蓮薬業集団の紹介

紹介が前後していますが、レセプションの初めから振り返ります。

Dscf0558bu

ここが婦宝当帰膠を製造している中蓮薬業集団です。

果物が美味しい地方なので、バナナやみかんなどが彩ります。

社長さんもにこやかですね。

Dscf0562

尊敬日本中医薬研究会、熱烈歓迎日本中医薬研究会、です。

Dscf0569bu

1952年と解放の初期に、人民を救うために小さな製薬会社が集まってこの中蓮薬業集団になりました。

ということが書かれています。

日中戦争で日本軍が侵略していたので、中国では1945年の第二次世界大戦終結を「解放」と言っております。

開放後には、毛沢東周恩来などの当時、共産党指導者は紅軍により医療も何もないところで草医(そうい)などの治療を受けて肌身で中国伝統医学の効き目を体験していだけに、中医学の保護、そして国を挙げての育成に入ったのでした。

ですから中国で中医学の本を読んでみると、大体序文あたりに「毛沢東主席が力を入れてくれて…うんやらこんやら」と書かれていることが多いです。

Dscf0571bu

婦宝当帰膠はここ湖北省武漢の空気や水など綺麗なところで婦宝当帰膠を作っております。というような説明です。

北京や上海よりもゴミゴミしていないので、武漢は住みよいところだと思います。

ちなみに大きな湖があって、その北は湖北省、その南は湖南省というわけです。