はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

産後の血圧が高い、便秘気味

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の山形は晴天で春めいてきて、お客様たちも来店しやすそうです。

気持ちがいい感じです。

さて当店で不妊の子宝漢方相談で一昨年の11月12日から相談開始したお客様、無事に昨年の12月にご出産されまして産後の漢方相談を頂きました。

産後の血圧が高いこと、そして便秘気味とのことでした。

知り合いの中医師の王先生に助け船をもらって考え方をまとめておきました。

今度、そのお客様と相談するときには

1)血圧がどのくらいあるかどうかきちんと聞くこと

2)頭痛、めまいがあるかどうか

3)首のうなじに凝っている症状があるかどうか

4)母乳が足りているかどうか

これらの4点をしっかりと聞いたほうが良いとのことでした。

もし虚証であれば、婦宝当帰膠決明子ケツメイシ)の粉末などがお勧め。

下剤を使いすぎると、赤ちゃんも下痢してしまう。

食養生では野菜をたくさん食べること、スープを作ったり。

たとえば牡蠣鍋に牛乳を入れて白くして白菜もたくさん入れる。

そうすると通じも良くなりやすいです。

もし実証の場合には、冠元顆粒防風通聖散 などお勧め。

冠元顆粒は血圧や頭痛やコリに。

とのことでした。

とても勉強になりましたので、ココログに自分用としてメモしておきます。

Imgp1079110128

<2011年1月28日 神町南昼下がり 桜の木 自衛隊前