土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

「冠元顆粒」発売20周年記念成都シンポジウムに参加して(3)

丹参製剤の臨床応用

心臓と脳血管疾患のリスクファクター

高脂血症

糖尿病

飲酒

環境素因

高血圧

喫煙

肥満

性格タイプ

動脈硬化、高血圧、狭心症、突然死、心筋梗塞、脳血管疾患、脳卒中、痴呆、腎機能不全、尿毒症

治療原則

○血小板凝集の抑制、抗凝結、血栓形成抑制→ヘモレオロジー(血液流動学)を改善

○微小循環を改善

○抗酸化、脳と心筋細胞を保護

○血管壁損傷を軽減

○血管を拡張→脳と冠動脈の血流量を改善

<臨床応用>

1・狭心症

狭心痛型:行気活血+益気

安定型:益気活血

心筋梗塞:益気活血

不整脈:行気活血+益気

血管閉塞:行気活血+益気

<中国での応用>

難治性心房細動、慢性動脈閉塞症、深部静脈血栓形成などに丹参製剤、冠心Ⅱ号方などを応用しました。

難治性心房細動の60歳の患者さん、長期間にわたり冠心Ⅱ号方、丹参製剤加減を服用して心房細動の発作回収が減少した。

慢性動脈閉塞症の患者さんは、左腕の力が低減して、左腕の皮膚温度も低かった。シスロタゾールと丹参製剤、冠心Ⅱ号方加減を服用して、左腕の動脈拍動が触知でき、自分で生活の始末ができるようになりました。10年症状が安定して、左腕の運動力が増強された。

深部静脈血栓形成の患者さん、転倒して足の骨を折った。手術後左足が腫れてきて日増しに憎悪する。静脈造影をしたところ左足に静脈血栓ができていた。行気活血化淤で丹参製剤加減を処方して、半年後に足の腫脹が著しく軽減された。1年後には足のむくみが完全に消失し、正常活動に回復した。

2・脳卒中(Stroke)

分類:虚血性脳卒中と出血性脳卒中

特徴:発症率が高い・死亡率と後遺症率が高い

リスクファクター

高血圧病

糖尿病

心臓疾患

喫煙と飲酒

脂質代謝障害

肥満

一過性脳虚血発作(TIA)

中国での応用は

虚血性脳卒中:益気活血+黄耆。

出血性脳卒中:発症7~10日後から活血化淤治療

治則:行気活血

脳卒中後遺症:

半身不随:行気活血+益気養血、たとえば黄耆、当帰

認知障害:行気活血+益気養血、補腎

臨床応用は、脳卒中後遺症の治療では生脈散+冠心Ⅱ号方、丹参製剤など。65歳の患者さん、起床時に意識障害失語、左の腕と足が運動障害と家族により見つけられ救急入院した。急性脳梗塞ガイドラインに沿って治療後退院。退院時に言語障害、左の腕と足が運動障害。

中医学の治療は、おもに行気活血で長期的に丹参製剤を5年服用、同時にリハビリを行った。今ベッドを離れて活動可能、自分で生活の始末ができる。

処方は生脈散と冠心Ⅱ号方、丹参製剤。中薬の益気活血剤を持続的に服用することによって現在80歳になり、言語と行動には不自由なし、自分で生活の始末ができて連続で各地を旅行している。

Imgp1841110302

Imgp1842110302

<2011年3月2日 成都 パンダ基地>

生後6か月の赤ちゃんパンダです。

かわいい~です!

私ももし生まれ変わることができたら、パンダの飼育員になりたいと真面目に思っています。

Imgp1843110302

Imgp1845110302

Imgp1846110302