土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

昨日、今日と子連れのお客様たちが来店されました!

昨日は可愛い赤ちゃん10か月のお子様を抱いて来店されたお客様がいらっしゃいました。

久しぶりの約3年ぶりのご来店でしたが、無事に第二子をご出産とのことで、店内も明るいムードで喜ばしいことでした。

生理のときの頭痛やめまい、職場のストレス対策、手足の冷え性、のぼせるようなときもある、生理のときに貧血がひどい、28日周期でとのことでした。

そろそろ母乳を止めていくそうです。

漢方薬は、以前に服用していた処方を踏まえて、イスクラ婦宝当帰膠イスクラ逍遥丸、イスクラ冠元顆粒、三爽茶の4つにさせて頂きました。

今後はダイエットも兼ねて健康な体作りをしていくことを目標にしていきます。

そして今日、このコラムを書いているのは2011年4月5日午後7時半の残業中ですが、夕方6時に約1年ぶりに来店されたお客様がいらっしゃいまして、そのTさまも可愛い女の子のお子様を抱いての来店でした。

開口一番「漢方のお陰でした」と感謝の言葉を頂きまして、嬉しさこの上なかったです。

Tさまは平成19年10月7日のときからのご相談でした。

婦人科ではプロゲステロンの錠剤を服用中。

排卵日に口が回らなくなったり、電話の応対がうまくできなかったり、頭がボーっとする感じがありました。

生理前はのぼせるけど、体は冷え性です。

生理前や排卵前後によく夢を見ます。

基礎体温プロゲステロン(黄体ホルモン製剤)を服用しなくても高めです。

低温期は36・7℃、高温期は37度前後です。

8月からプロゲステロンを服用して3周期目になりました。

生理痛は初日、二日目にひどいです。

イブを服用しています。

高温期はのぼせ、寝汗で生理前は手足が冷えます。

高温期のときに夢を見ます。

23時に寝て朝は6時半に起きます。

土屋薬局からの対策方法は、

1)BBTが高め

2)夢をみる(高温期だけ)

の対策をしていきます。

漢方薬は、

1)婦宝当帰膠 全周期

2)天王補心丹 生理がくるまでの高温期に

3)田七人参 高温期から生理が来るまで

周期療法です。

10月30日には、今月に生理が来たが生理痛は軽く鎮痛剤を服用しなくても良かった。

夢も全然見なくてすみました。(高温期の)

先月までプラノバールを服用していて、生理が来たけれども基礎体温は高めだった。

最近は眠れています。

食欲あって通じもいいです。

寒がり冷え性も大丈夫。

イライラもありません。

排卵後から生理までの高温期はトイレが近くなります。

そこで杞菊地黄丸を追加でお勧めしました。

以上、そのときどきにあった処方をお勧めしていました。

途中から子宮内膜症の疑いということもあったので、弓帰調血飲第一加減や水快宝や酸棗仁湯錠などもお勧めして、そして今日の良き結果となりました。

今後とも頑張って漢方相談していきたいです。

みなさま、どうぞよろしくお願い致します。

(コラムはお二方ともに掲載の許可を頂いております)

薬剤師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

村山市の雪解け風景

<2011年4月12日撮影 村山市

雪解けの山形です。

気持ちの良い風景が広がっていました。

村山市の雪解け風景

ヘルシンキ空港で

土屋幸太郎 <2010年10月30日 ヘルシンキ空港で>