親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

子宮内膜症・子宮腺筋症の漢方について。下痢、にきび、不妊、基礎体温表

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日のテレビ電話不妊漢方子宝勉強会その2、続きの話で、今日は「子宮内膜症」です。

子宮内膜症・子宮腺筋症の不妊漢方について」

1)子宮内膜症の臨床症状とBBTの特徴

2)子宮内膜症不妊の関係

3)ピル療法とHアナログ療法のときの中医学療法の併用

4)周期療法と活血化淤の使い方

子宮内膜症の発生部位

卵巣、子宮漿膜 、直腸漿膜 、ダグラス窩、膀胱子宮窩

子宮内膜症のかたには「生理のときに下痢しますか?」「尿意がありますか?」などと聞いてみる。

子宮内膜症は冷える人が多い→淤血があるのでBBTは階段式に上昇する。

○にきびがでる→熱毒がある。

子宮内膜症不妊

卵巣機能低下、卵管・卵管采機能障害、黄体不全・子宮内膜変化、自己免疫

子宮内膜症BBT特徴

月経時BBT下がらない

月経時BBT下がらない

高温期短く、後半下がる

高温期短く、後半下がる

(この絵は、私、土屋幸太郎が描きました。ヘタウマになってしまいました。^_^;)

子宮内膜症排卵期、黄体期が大切

黄体期が良いと、淤血が生理のときに取れやすい

基礎体温表

たとえば、婦宝当帰膠+参茸補血丸+爽月宝

排卵期> 滋陰助陽(重陰)の上で理気活血が原則である

黄体期> 補腎助陽→参茸補血丸、開気丸など

〇子宮腺筋症…チャガ(軟堅散結)

〇チョコレートのう腫 化痰利湿。弓帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸、晶三仙など

〇ホルモン治療時の中医学分析

病機分析:気滞血淤、精血不足、陰陽失調

<基本方針>

理気活血、益腎養血、調理陰陽(周期療法は適応しない)

<常用漢方薬

婦宝当帰膠冠元顆粒補腎薬(杞菊地黄丸など)

35歳だったら補腎は必要、20代だったら婦宝当帰膠冠元顆粒で。