土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

本日も嬉しいご報告がありました。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

本日も嬉しいご報告がありました。

結婚7年目でお子様が欲しいと子宝漢方相談をされていた、お客様が今年の4月にご出産されていたとのことで嬉しかったです。

平成21年からのご相談で当初は人工授精を3回されていていました。

当時33歳でした。

生理は30日周期で7日間あります。

生理は2日目が多いです。

生理の量は普通で、生理痛は辛いほうです。

排卵期のおりものはしっかり分かります。

随伴症状としましては、腰痛や手足のほてり、生理前に下腹部や胸が張って痛みます。

体が重だるかったり。肩こり、生理前後の頭痛もあります。

当店からの漢方は、養血調経に補気、そして補陽と3種類をお勧めして、その都度症状に応じて漢方相談していきました。

その間、流産があったり、体外受精にもステップアップになりましたが、漢方もきちんとお続けになって頂いて体調を整えるためにもお役立ちになったのではないかと嬉しく思っています。

不妊症の相談は、苦楽を共にするので、家族のような気持ちになります。

妊娠、出産が自分の事のように嬉しく、また心配もし、本当に長いお付き合いになる事をめて実感しました。

Imgp17210526

<2011年5月26日 若木山を登る道>