子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

にきび、肥満、生理痛、生理不規則の漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も山形は爽やかな天候で緑が気持ちの良い季節です。

さて昨日は周先生にいろいろとお話をお聞きして、中医産婦人科の勉強をしました。

2年前から顔全体のにきび、肥満、生理痛(吐き気、痛み)、生理不規則

多嚢胞性卵巣症候群ディナゲスト1㎎を服用しているが服用する前よりも辛い。

生理中は頭痛と吐き気で辛い

頭部が汗をかきやすいです。

○周先生から聞いたこと

にきびには五味消毒飲加減。五味消毒飲加減は熱が取れやすい。

多嚢胞性卵巣だから、肥満やにきびにつながっていく。

アンドロゲン(男性ホルモン)が高め↑ 

多嚢胞性卵巣は、卵巣が腫れやすい→局部の血行不良だから水蛭製剤がお勧めです。

五味消毒飲+水蛭製剤(5錠×3回がお勧め) 水蛭製剤は活血と破血が目的、多嚢胞性卵巣の改善にも。多嚢胞性卵巣が良くなれば、にきびも落ち着きます。

にきびは湿熱(しつねつ)がたまっているので、五味消毒飲は湿熱を解消する働きも期待できます。

多嚢胞性卵巣症候群は、将来妊娠しにくくなるので若いうちからしっかりと体を治していくべき。

Imgp17300526

<2011年5月26日 月山 気持ちのいい季節の到来です>