親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

慢性胃炎(萎縮性胃炎)の中医学漢方的な対処法を中医師の先生にお聞きしました!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

毎日暑さが厳しいですね。

山形は今日は35℃まで上がるようです。

節電が求められていますが、暑さには打つ手なしのようです。

さて、本日は慢性胃炎(萎縮性胃炎)の中医学的、漢方的な対処法について周軍先生にお聞きしましたので、記録しておきたいです。

慢性胃炎(萎縮性胃炎) 70歳 男性

胃痛、食道炎によるヒリヒリ感と痛み。

痰も多く、のどに絡みます。

また胸部や背部痛、肩の凝りも起こります。

現役時代に暴飲暴食でお酒や脂肪の多い食事が多かった。

ストレスもあったようだ。(自分では気が付かなかったが)

食べ過ぎたり、眠れなかったり、ストレスを感じたり、甘いものを食べたり、寝不足のときなどに無色透明の痰がでたり、起床時に痰が絡んでしまう。

消化器科からは、パリエット、フォイオアン、グランダシキン。

これまでは裂孔ヘルニア、慢性胃炎(萎縮性胃炎)と診断されている。

胃もたれや胸やけ、胃液の逆流感。ゲップとガス。

中医学的な漢方的な考え方

慢性胃炎(萎縮性胃炎)はガンになりやすい。

虚証が多い。

女性や元々、胃腸が弱い人に多い。

腸の病気だから脾から治療していく。

粘膜が薄くなる→傷つきやすくなる。

脾を元気にすれば→胃酸が流れる。

健脾が必要。

健脾益気→香砂六君子が良い。標本同治の双方向性がある。または健脾散など。

ストレス対策には、健脾益気、理気

粘膜が弱くなる→粘膜を守る→紅沙棘が粘膜の保護作用→食事の前に少し噛んで食べると食道や胃の粘膜が保護される。

食べ物の酸っぱい、しょっぱい→胃への刺激

粘膜を守ること

今現状の症状の「標」の緩和には、開気丸とチャガ。炎症の緩和を目指す。

チャガは粉が良い。

開気丸はガスやストレスに。胃のリズムを良くする。

チャガは、胃炎、胃潰瘍胃がんなどにも応用できる。

2包を服用したら楽になる。

胃酸を抑制する効果がある。

我が家の百合です

<2011年8月5日 我が家の百合です>