はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

ダイエットの中医学的(漢方)な考え方

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

暑さが厳しい毎日で、今日は東根祭りがある日なのですが、午後から天候が一転して曇ってきました。

雨が降らないといいのですが。

さて、ダイエットについて漢方相談を受けましたので、中医学的なまとめとしてスー先生にお聞きしておきました。

「39歳 女性 ダイエットしても体重が減らない。食事の量は少ないです。食欲はそんなにありません。便秘は2~3日でないこともあったりします。PMSがかなりひどく、むくみがひどいし、イライラや眠気も強いです。ダイエットを繰り返して痩せにくくなり、食事量およびカロリー摂取は少ないけど痩せるどころか太る。デトックスティーを飲んだり、マッサージもしていますが効果がありません。あとスナック菓子が止められず、食べなくなるとイライラするので食べてしまいます」

ダイエットの中医学的な考え方

1)大黄製剤→腸からの吸収、脂肪とかタンパク質などを抑える。

たとえば大柴胡湯とか防風通聖散 、桃核承気湯など。

便秘のあるかた、また便秘のない方でも使える。

便の回数が増えて、通じが柔らかくなる。→お客様によく説明する。通便効果があれば体重↓

2)利水剤

肥満とともに体に水がたまっている。

痰湿化痰利水

温胆湯、健脾散、防己黄耆湯、真武湯など。

夕方になると足のむくみ→肥満とともに水がたまる

(通便効果がなければ減量効果がない)

3)柳茶→脂肪を減らす。たぶん、脂肪代謝に効き目がある。

長く続ける。

同時に食事のコントロール、運動の量を増やすと確実にダイエットの効果が上がる。

(沙棘は脂肪代謝に良い。補助的に使う)

Imgp20990805

<2011年8月5日 我が家の庭 向日葵>