子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…その4

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

お昼休みに散歩していたら金木犀を見つけました。

でももうすっかりだいぶ花びらも散って、盛りを過ぎたようです。

秋晴れの天候の山形です。

さて○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の続きです。

36歳 不妊2年 初潮以来、月経不順。

月経周期は60~90日周期で、90日以上になることも今までに何回かありました。

多嚢胞性卵巣のためと不妊専門クリニックで診断されています。

プロラクチンの値も高め。

セロフェンを服用しないと排卵しない。

セロフェン、カベルゴリンでタイミング4回、人工授精2回しているが妊娠できていない。

いったん、病院の治療を休んで漢方薬で様子を見ることにした。

<漢方師匠のK先生の話>

35歳の人でも養血調経でうまくやれる。

40歳の人は→補腎が必要。

PCOSは「邪」を考えること。

小さい卵胞が多い→インヒビンBが増える→FSH↓

小さい胞状卵胞が多い→アクティビン多い→卵胞が成熟できない。

一番の邪は男性ホルモンが高いこと。

10ミリまでできるかどうか、20ミリまで大きくならない。

病院の治療は拒否しない→一定の理由がある。

男性ホルモンを抑える漢方は保証できない。

(男性ホルモン対策には、デキサメタゾン、メトフォルミンなど)

良い病院をみつけること。

原則は補腎活血。

弁証するべき。

弁証論治では、1)月経期 2)月経期以外の2つに分けて考える。

PCOS→生理不順、無排卵→周期がないから周期療法はしなくてもよい。

「自分の道をみつけること」

◎桂枝茯苓丸がのめない、合わないタイプがある

×基礎体温が高い→ この場合には◎水蛭製剤が良い

またニキビが多い場合には温性は使わない。

おりもの↓→直接に利水剤を使わない。

×桂○○丸を避けたほうが良い。

美肌油の応用。

おりものが増えてきて妊娠するケースがある。

1日3~4カプセル

胃炎、口内炎、美肌に。

胃の痛み対策、口内炎ができにくくなる、痰湿にも使いやすい。

養血活血作用(補陰にもなる)

Imgp31911010

<2011年10月10日 小安峡・大噴湯>