親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

30代前半の「無排卵」「無月経」の「漢方相談」「食養生」考察メモ

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も山形は秋晴れの気持ちの良い一日です。

柿の実もたわわに実り、秋らしい風景です。

さて「無排卵」「無月経」の「漢方相談」を最近お受けすることが多いですので、その考察をまとめていきます。

定期的に生理を起こす薬を飲んだり、注射を打っています。

またカウフマン療法を長いことしている方もいらっしゃいます。

今回、自分なりに考察し、なおかつ恩師の何先生にもアドバイスを頂戴いたしました。

1)年齢が20~30代と若く、とくに腎陰虚や腎陽虚などの症候が見られない。

しいていえば「若腎虚」でしょうか?

2)PCOSでなくてここ数年に「無排卵月経」となり、生理が来なくなってしまった、

3)FSHやLHが高め。とくに「LHが高め」のことは、何らかの邪気、たとえば痰淤(たんお)や気滞血淤(きたいけつ)などの症状があるのか?

4)基礎体温は高め、ギザギザも強く変動が激しいのは気鬱化火か?

などと考察を進めていきまして、何先生とも相談していきました。

1つはFSHが高いのでしたら、脳のストレスがある。

心肝腎(しんかんじん)の熱をとっていく。

たとえば心の熱をとる漢方(たとえば天王補心丹)を、4、4、4丸と服用したり、6、6、6丸。

肝の熱をとる漢方は半分ずつ、腎の熱をとる漢方はこれも4,4、4丸だったり、6、6、6丸と1日3回ずつ服用していきます。(たとえば瀉火利湿顆粒や知柏壮健丸など)

→その後に、補腎や活血などで周期療法に入っていく。

周期療法のときには、プラス安神薬が良い。

安神薬は寝る前などに。

(たとえば心脾顆粒など)

安神薬+逍遥丸

逍遥丸は肝血不足に、寝ることが遅くなってくると肝血(けんけつ)不足の傾向に。

cf たとえばプロラクチンが高い、イライラが強いときには、酸棗仁湯+逍遥丸の組み合わせも良い。相性がよい。

腎の熱をとる漢方に逍遥丸や心の熱をとる漢方に逍遥丸も効果的。

→その後は、2週間ずつ補陰や補陽で人工的な周期をつくっていく。

りんご

〇食事とFSHの問題 (肉や魚や乳製品などまったくとらないこと)

FSHが高くて、食事が偏りがちなる。

たとえばキャベツだけを2年間食べて、栄養不足になって更年期の症状になった女性がいる。

視床下部からのGnRHは、10個のアミノ酸から作られている。

たんぱく質を摂取しないと、脳の中のGnRHが作られない。

脳にはアミノ酸が必要、ホルモンと関係している。

食養生は、朝5、昼4、夜1に。

これは中国式の養生法。

朝はいっぱい食べる、夜は少な目に。→太らない。

20時以降に食べると太る。

昼はいいものを食べる、タンパク質など。

昨年のアメリカのレポート。

ごはん、野菜、果物、肉・魚類は、4大プレートとしてそれぞれ四分の一ずつ食べる。

最新の栄養学、日本はまだここまでいっていない。

神町西から眺めた甑岳

<2011年10月26日 神町西から眺めた甑岳>