土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

「脳卒中と淤血」の講演会の模様と今週の漢方相談会のご案内 11/11/07

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今年の山形は朝晩は寒くなってきたものの、

日中は比較的に穏やかな天候が続いていて「実りの秋」を迎えています。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今週の漢方相談会のお知らせの前に、今年の9月27日に寒河江市で「脳卒中淤血」のテーマで講演したときの模様を主催者のO先生がホームページで紹介してくれていました。

リンクを貼らせて頂きます。

O先生のサイト 「さくらんぼの里で歩むストローク(脳卒中)人生

脳卒中講演会

<2011年9月27日 寒河江市ハートフルセンター1階 会議室にて 午後2時~3時>

土屋幸太郎氏の講和

近年漢方薬に関心が高まり、日本の大学病院でも特に脳卒中認知症の改善に広く使用されています。

特にアメリカでも最近漢方薬脳卒中認知症の治療薬に使われ、改善されている。

脳卒中認知症の改善デ-ターが出ています。

幸太郎氏の漢方にも熱弁にも力が入り、店では見られないアクションもでていました。(瘀血が重要だと言っています)

O先生、一部引用させて頂きました。

素敵なご紹介どうもありがとうございます。

脳卒中漢方薬で予防とまたリハビリにも淤血(おけつ)の観点から役立つことを説明させて頂きました。

淤血とは1)痛み 2)しこり 3)黒ずみ などの特徴をもつ、血液・血管の病気です。

常日頃から「血液サラサラ健康」でいたいものですね。

これ以外にもご講演などのご依頼ございましたら、遠慮なくこの土屋幸太郎までメールにてお問い合わせください。

各種漢方に関する講演依頼は→メール JDY00247@nifty.comまで