土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…その7 「育卵→乾かすのではなくて、潤いをつける」

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は午前中に40代のお客様、半年前に出産したばかりの待望の女の子の赤ちゃんを抱いて来店されました。

とても可愛いらしくて、髪の毛もフサフサで健康で本当に良かったなあと思いました。

さて、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の勉強会の模様、まとめていきます。

私がメモしたことのログで、第六回の続きです。

<T先生が語っていきます。>

主人は大丈夫でしょうか?

→たとえば参馬補腎丸や海精宝など服用してもらう。

PCOSは治すのではなくて、妊娠すること。

夫婦一緒に力を合わせること。

精子の問題と性機能の問題

SEXの回数↓ 精子の質が悪くなる。

海精宝は女性も使える。

チャガ→補腎作用がある。

清熱解毒化痰補気利水

補腎陰→夏至冬至に採れる生薬(二至丹)、杞菊地黄丸

肝腎の陰を補う、補腎陰、補肝陰

天王補心丹…心陰を補う…低温期

麦味参…肺陰を補う

百潤露、紅沙棘…肺脾陰を補う

育卵→乾かすのではなくて、潤いをつける

→海精宝も補陰

補陰から補陽につながる。

<S先生が最後に語ります。>

体外受精の準備周期→海の補腎薬 1日24粒もある。高温期中心が良かった。

美肌油…活血、消炎作用→子宮頚部のびらんに

子宮内膜症クラミジアなどに+五つの花の生薬で効果が良い。

Imgp28741101

<2011年11月1日 最上川三難所 三ヶ瀬の流れ>