土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

44歳のお客様 FSH39でしたが漢方服用後、妊娠、出産!の話です…命門の火

おはようございます。

最近、心の中の「中医学魂」がムクムクと目覚めてきました。

久しぶりに「中医臨床」を開いてました。

通巻9号、10号、22号のそれぞれ「『腎(じん)』の本質と補腎治療」「婦人科疾患」について勉強です。

昭和57年頃の雑誌ですが内容は未だに古びていません。

温故知新です。

と言うのも今年初めに不妊症の子宝相談で漢方相談したお客様、44歳だったけど自然妊娠されまして、喜ばれていて今日も経過報告の電話かかってきました。

やっぱり「補腎(ほじん)」が大事なんだと、雑誌を紐解きながら思った次第です。

「腎」とは生殖、発育、成長、老化、死に関連する臓器で、またの名を「命門(めいもん)」と言っています。

「命門の火」が弱ければ、体は全身的に老化は進み、冷え性だったり、卵巣機能が悪くなりFSHが高くなっていきます。

44歳のお客さま、今年の2月28日の時点でFSHが39・6でした。

4月25日から漢方服用後、FSHが2・8に。

そして6月8日には陽性反応でめでたくご懐妊、妊娠です!

それまではカウフマン療法をずっとされていましたので、漢方療法の効き目が確かにあったと思います。

FSHが高いとき、卵巣機能が落ちている40代前後の方には、ぜひ「命門の火」を強くするなどの「補腎(ほじん)療法」をお勧めいたします。

先週は44歳のお客様が土屋薬局の漢方相談でFSHが39でしたが自然妊娠で順調であると嬉しい報告 11/11/28」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

Cocolog_oekaki_2011_11_22_09_46

土屋画伯の絵、またヘタウマになってしまいましたが、なんとなくでも老化防止や35歳以上からの妊娠、出産をご希望のお客様がたには「補腎(ほじん)」や「命門の火」の大切さを知って頂きたいです。

Imgp29741118

<2011年11月18日 大日様に登っていたら、猫ちゃんに遭遇しました!すごく可愛らしかったです。猫かわいい>

<平成25年10月22日追記です>

その後、めでたくご出産されまして平成25年10月12日にお子様と一緒に薬局に遊びに来てくれまして感動でした。

可愛らしい女の子でした。(^^)