不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

高温期に不正出血が続く漢方相談…婦宝当帰膠の甘さは大丈夫

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形、テレビのニュースではあちこちで豪雪の天気予報で「とうとう今日は来るぞ、来るぞ」と気合を入れていたら朝はサラサラとした粉雪が舞い降り、お日様も射して白い純白の美しい銀世界が広がっていました。

この世は美しいと思います。

山形だけ別世界なのでしょうか?

さて、

高温期に不正出血が続く方の漢方相談を受けましたので、早いときには排卵日前後から生理までずっと続きます。

女性の中医師の先生にもいろいろとレクチャーを受けましたので、ココログにログしていきたいです。

○高温期の不正出血対策を教えて下さい。(土屋の質問)

○恩師の回答(Y先生)

不正出血のときには不正出血の色を聞きます。

もし真っ赤だったら「熱」です。血熱などを考えます。

粘調もしています。

真っ赤でなくて黒っぽい、ちょっと出血、おりものに血がつく感じでしたら淤血(おけつ)の場合もありえます。

少腹逐瘀湯で効果があった方の場合には、淤血(おけつ)が原因であった可能性が高いです。

田七人参、帰脾湯など使えます。

帰脾湯は痩せている、冷えているときに。

高温期の針は気をつける。

もし活血化淤の針だったら、出血の可能性。

不正出血を治療する、高温期の維持のための針だったらOK。

婦宝当帰膠も阿膠が不正出血によい。

冷えにも婦宝当帰膠

排卵の初日から、または生理が終わってから温経湯も併用できる。

温経湯は温めて、活血止血に。

冷えと淤血による不正出血に良い。

高温期の不正出血は、色、量、どんな期間か?を聞くこと。

2~3日前からの不正出血は治療も簡単。

西洋医学的には、子宮内膜の破綻出血。

冷えを治すことが必要。

少腹逐瘀湯は体を温める。

婦宝当帰膠、帰脾湯、田七人参に+温経湯。

温経湯は全周期でなくても良い。

やってみないと分からないので、まず上記の3種類で様子を見てもよい。

→良くならないときだったら、温経湯を足してもよい。

婦宝当帰膠の甘さは大丈夫。

体重が痩せているかたは甘いものを制限しなくても大丈夫。

甘いものは、脾を養う。

ふつうは高温期の不正出血は陰虚

BBTはあくまで参考

活血で良くなるか、温めると良くなる→温めて不正出血が良くなるのだろう。

温経湯は、温める、活血。

少腹逐瘀湯は日本にないから。

若木山 雪景色

<2012年1月18日 若木山 雪景色>