土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

目の痒みの漢方、新しい重鎮安神薬について

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は、目の痒みと新しい重鎮安神の漢方について、張先生に教えて頂きましたので忘れぬうちにログしていきたいです。

1)目の痒み

「1年前から花粉症のように目が痒いです」

目の痒みには、「5つの花の漢方」が効果的です。

1日3回服用で。

痒みがひどいときには、コットン、ティッシュに液体を溶かして目の周りにつける。10~15分程度。

目のパックになる。

花茶も良い。

杞菊地黄丸は目の乾燥に。補陰が役立つ。

冬場の乾燥など季節的な要因に。

痒みが強いときには、消風散。

目の痒み、顔の痒みに。

☆目にはストレス、緊張、寝不足などが関係しやすい。

2) 土屋 「新しい重鎮安神薬について教えてください」

「肝火上炎、心火上炎、肝陽上亢などに。

必ずしもそれらの証が厳密にとられなくても、興奮気味の人には使ってよい。

めまいや耳鳴りなどにも。

火が浮いている。

ベースが不足している。

下降させる。

補うものは時間がかかるので、その間に最初、重鎮安神薬を使って効き目を早めにする。」

Imgp36310211

<2012年2月11日 江の島から眺めた海>

Imgp36300211

<江の島植物園のチューリップ>

今から20年以上も前の星薬時代の私は茅ヶ崎市本村に家のある友人の家に泊まりに行きました。

二人で自転車を漕いで、近所の美味しい中華料理屋で盛り上がったり、そしてチャリンコで江の島まで行ったことがいまだに懐かしい思い出です。

当時の江の島は、射的やスマートボールなどのお店が境内までの坂道にずっと並んでいて、友達K君と一緒に「うわ、江の島、超マニアック!」と喜んだものでした。

もちろん植物園は、鄙びた感じで「塔」などもありませんでした。

昔の鄙びた江の島に行けたことは、ほんとに良き懐かしい思い出です。