土屋薬局|子宝漢方で不妊克服!

子宝漢方で体質改善、妊娠力を高めましょう!山形県東根市の土屋薬局のブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談。自然妊娠、人工授精、体外受精など妊娠したい子宝相談すべて承ります。漢方相談はお電話0237-47-0033店舗または下記の漢方相談表、子宝相談表をご利用ください。ご来店の場合にはお電話でのご予約が確実です。よい結果を一緒に目指しましょう!

不育症、習慣流産を漢方で乗り越えて…初期の不正出血や、子宮内出血などの症状が全くなく、医師も「今回は順調だねぇ~」と、 驚いてらっしゃいました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

昨日、我が家に庭で福寿草が咲きました。

春の訪れを実感して早春を喜んでいる今日この頃です。

さて、今週もいろいろと嬉しいお話が届いているのですが、お客様の習慣流産を乗り越えた漢方相談をご紹介していきます。

Tさまから以下のようなメールを頂いていました。

「土屋先生

いつもお世話になっております。

お陰さまで、当初の予定通り、問題なく2月に、37週で女の子を出産致しまして、退院して来て以来、比較的ゆったりと子育てをしております。

娘は、予定日より早く産まれ(させられ)たこともあり、やや小柄ではあったものの(我が家は、皆、頭や顔が小さいんですよ~。

背丈や肉付きは体重の割に結構あったのですが、頭囲が小さめで(^^;)、産院で沢山赤ちゃんが並べられている中でも、すぐに見分けがつきました(笑))。

今のところ長男の時よりも育てやすい感じです?!

帰宅して以来、完全母乳で育てていますが、昨日、母乳外来(胸にお乳たまりのしこりが出来急きょマッサージしてもらいに行きました)で、体重を計ってもらいましたところ、一日に40グラムも増えていました!ので、今のところ

母乳も足りているのかなぁと思っております。

また、一ヶ月検診などで、発育の具合をよく見てもらおうとは思っておりますが、私の気持ちがゆったりとしているせいか、娘も、お乳を良く飲み良く寝てくれ、女の子って、男の子よりも、やはりおとなしめで楽かもなぁなんて感じています(笑)。

長男の時ほどではないですが、髪の毛もふさふさです(笑)。

私自身も、今回の手術は、5年前と比べ、術中も術後も格段に楽でした。

術後二日目から、あまり痛みに悩むこともなく歩行を開始し、三日目からは母子同室となりましたが、産院も快適で、退院する頃には動作も随分楽になり、本当に今回は回復が早いように思います。

術後三日目から、漢方薬も飲めるようになり、それも良かった点だと思っておりますが、今回は、先生の腕もさることながら、麻酔が私に合っていたなぁと思います。

とにかく、無事に二つ身になれまして、安堵しています。

季節の変わり目でもありますので、どうぞ、気をつけられてご研修されてこられますよう、お祈り申し上げます。

また、お世話になることと思いますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

取り急ぎ、ご報告まで。

本当に有難うございました。 」

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  1.巻頭コラム 「不育症、習慣流産を漢方で乗り越えて…初期の不正出血や、子宮内出血などの症状が全くなく、医師も「今回は順調だねぇ~」と、 驚いてらっしゃいました。」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当店のお客さまTさまより掲載許可を頂きましたので、コラムを作成させて頂きます。

Tさまはご相談当時、37歳。

習慣流産でのご相談でした。

お子様1人いらっしゃいます。

○平成22年1月13日が初めてのご相談

2006年より2年間で1回の死産(6か月での前期破水)と2回の流産歴(妊娠かヶ月と2か月にて)。

不妊専門クリニックで検査したところ、血液凝固因子のLACが基準値は下回っていたものの、気になる程度に高いとのことで、次回の妊娠時には低用量アスピリンの服用を勧められていました。

寒がり、冷え性でとくに末端冷え性で手先がとても冷たくなります。

月経はずっと順調だったのですが、2度目の流産後に周期が狂うようになりました。

それまでは30~31日だったのが、25日だったり、35日で生理が来ることがあります。

実は10月にも7週で初期流産をしたばかりです。

最初の子の出産時に臨月に血圧が上がり、妊娠時高血圧症候群と診断されて帝王切開で出産しました。

二度目の妊娠時からは、初期に絨毛膜血腫が子宮に出来、かなりの量出血し、切迫流産に毎回なっております。

子宮内出血を起こしやすい体質なのでしょうか…。

二度目の流産の時はあまりに大きな血腫が胎児を圧迫したのか、心拍停止に至りました。

今回は初期の繋留流産後の血液検査にて、血液凝固因子がやや高めに出ましたので、それも子宮内に血溜りができやすい要因なのだろうかと考えあぐねております。

今回も胎児心拍確認後の流産でしたので、やはり母体に赤ちゃんが育たない原因んがあるのだろうと悩んでおります。

漢方的には、私のような症例はどう捉えたらよろしいでしょうか。

当店からは3種類の漢方薬、養血調経を主として益気摂血と活血止血のそれぞれの効能を合体させた漢方処方をお勧めさせて頂きました。

そして平成22年7月10日に妊娠判明。

漢方薬は安胎も兼ねて3種類続行で、病院からは小児用バファリンが処方されました。

7月16日には二度目の検診で赤ちゃんは無事に大きくなっていたこと、ご自身で思ったとおりの週数の大きさに育っていてくれました。

まだまだ初期でこれから何があるか分かりませんが、ひとまず出血もなく心拍確認できたことも、それ以前に妊娠できたことも漢方薬のお陰だと思っています。

その後も漢方薬はずっと継続されて、24週も過ぎてトラブルもなく、年が明けて平成23年2月に女の子をご出産されました。

その後、2月25日お礼のメールを頂きました。

全文紹介させて頂きます。

Tさまからのメール

「土屋先生

いつもお世話になっております。

本日、とてもとても可愛らしいアルバムが届きました。

いつもお気遣い、本当に有難うございます。

まだ、娘の写真は現像していないのですが、あまりに可愛らしいアルバムですので、何か入れたくなり、産院で貰ったネームカードを入れ、飾り棚に飾ってみました。

素敵なプレゼントをどうもありがとうございました。

ところで、私のメールや体験談でよろしければ、どうぞお使い下さいませ。

思い起こせば、一年ちょっと前に相談させて頂いた時は、過去に3回の流産をしておりましたし、そのすべてが心拍確認後、一度は前破水による人工死産でしたので、心身共に、やはり傷ついていたと思いますし、年齢から言っても、次の妊娠を最後にしようかな、と、切羽詰まった思いで、土屋薬局さんにご相談したのだと思います。

その前に、一度、別の漢方薬局から、処方された漢方薬を1,2ヶ月服用したことがあるのですが、どうも、口に合わず、また、体調も特に改善された気がしなかったのですが、土屋先生に紹介して頂いた婦宝当帰膠はじめ、その他の漢方薬は、とても飲みやすく美味しい上、効能が、不正出血や習慣性流産体質の私にとても合っているような気がしましたので、内心期待して服用を始めました。

飲み始めてすぐに、月経の質が変わったことからも、何となく、この漢方薬は効くかもしれない、と改めて感じた覚えがございます。

しばらくは、体質改善のために服用を続け、数ヶ月経ち、妊娠を意識し始めて、2周期目くらいですぐに妊娠したと思うのですが、今回は、初期の不正出血や、子宮内出血などの症状が全くなく、医師も「今回は順調だねぇ~」と驚いてらっしゃいました。

妊娠末期、臨月になっても、血圧や尿タンパクなどの異常もなく、「今回は、よくがんばってるね」と誉められていましたが(笑)、漢方薬を飲んでいることで、精神的にも、とても安定していたと思います。また、胎児や、出産後は母乳などへの漢方薬の影響の有無などに関しましても、少しでも分からないことがあれば、いつも質問させて頂いておりましたので、安心、信頼して飲み続けることが出来たばかりか、私の順調な経過や、体調の良さ(今年の例年より寒い冬場に、全く冷えを感じませんでした!)に家族も感心して、同じく、漢方薬に興味を持ったことも思わぬ副産物でした。

今後、機会があれば、また家族で、ご相談させて頂きたいなと思っております。

まだ、産後2週間足らずですので、もうしばらく、漢方薬の服用を続けながら、しっかりと養生したいと思っております。

お陰さまで、帝王切開後の体調もとても良い気がしています。

そういえば、先日のメールで、術後2日目から歩行開始と、書いておりましたが、術後翌日の間違いでした(笑)。

>> 髪の毛もふさふさだったとのことで

>> 嬉しい限りです。

はい、ちょうどよい髪の量で、ふさふさでした(笑)。

我が家は、父方が皆、髪の毛の量が多く白髪体質なもので、 長男がそれに似まして、低出生体重児だったにも関わらず。 髪の毛だけ、ぼーぼー(ふさふさというより、ぼさぼさで、しかも 長かったです(笑))状態で産まれてきて、驚いた覚えがありますが、 娘は適量でした(笑)。

先程、沐浴させた時の写真を恥ずかしながら 添付しておりますので、宜しければ、ご覧下さい(^^;)。

それでは、本日は、本当に有難うございました。

また、ご相談させて頂くこともあるかと思いますので、 その際は、どうぞ宜しくお願い致します。

無事のご出産で私もお客さまのために役立つことができまして心から嬉しいです。

Tさまご一家のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

お子様たちには健やかに過ごしていって頂きたいです。

薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

Tさまにお贈りするお写真です。

「3月の月山と葉山」

Imgp35860316

<2012年3月16日 若木山公園>

この季節、まだ早春の季節で深い雪に覆われています。

子どもたちもよく遊ぶ遊具もまだ冬に眠ったままです。

Imgp35890316

私は一人、若木山を登ります。

きゅきゅっと雪を踏みしめていきます。

Imgp35910316

遥かなる遠方に眺められるのは、左手に月山。

そして右手に葉山連峰です。

昨日、喜多方から来店されたお客様もおっしゃっていましたが「あの万年雪のような山はなんですか?」とおっしゃっていました。

とても印象深かったようです。

Imgp36020316

月山の雪です。

山形県民には心を打つ眺めです。

Imgp36050316

そしてこちらが葉山連峰です。

村山の宝の山です。

Tさまのお子様たちも雄大にすくすくと育っていって頂きたいです。

まだ三寒四温の天候が続きますから、お体どうぞご自愛くださいませ。

みなさまのご健康とご多幸を祈念申し上げます。