土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

生理前の気持ちのなみ、生理中の頭痛、経血量が少ない

おはようございます。

コラム第二弾です。

昨日、中医師の周先生から40分ほどたっぷりと中医学の神髄を教えて頂きましたので、ココログに記録していきます。

「 生理中(1日だけ)に必ず頭痛があります。頭痛も生理痛になるのでしょうか?」

○周先生のアドバイス

生理の初日の頭痛は気滞の頭痛になり、生理痛と一緒で血行不良の淤血が原因になります。

冠元顆粒を生理が始まったときから、使っていきますと頭痛が楽になります。

生理前の気持ちの波には逍遥丸を使う頭痛が楽になります。

気持ちが落ち着きます。

理気活血をすると低温期から高温期、また高温期から低温期がスムーズに陰と陽の交わりがうまくいきます。

生理前には逍遥丸を使いやすく、生理が始まったら活血する。

「1日目の経血の色が若干薄い(オレンジに近い赤)感じがします。若い頃よりも量も減りました。内膜が薄いと言われたことはありません。年齢的なものだろうとは思っていますが、他に原因はありますか? 経血の塊は小さいのが少しだけあります。」

丹参製剤を使って活血をして血液を綺麗にすると新しい内膜が作られます。

新しい内膜が作られやすくなります。

活血をしないと新しい内膜が作られない。

生理期間中の丹参製剤の服用お勧め。

古い血、悪血、淤血を解消するということでした。

Imgp37290410

東根市 白水川 柳橋からの月山眺め>