土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

46歳のお客様 めでたくご懐妊!されました。 妊娠中にイライラする

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

台風間近の山形です。

小雨が降っていて、梅雨時といった風情になっています。

緑は雨にしっとり濡れて気持ち良さそうにしています。

さて、先週にスー先生にお聞きした内容をログしていきます。

46歳のお客様 めでたくご懐妊!されました。

漢方に関する質問を頂きました。

「実は私は元々自律神経が弱く、ホルモン剤を打ったり飲んだりすると非常に イライラしてしまう為に、柴竜○を飲んでおりますが、妊娠中の服用は大丈夫なのでしょうか。ふと不安になり、今日から止めておりますが、そのせいでイライラするのも辛いです。」

→アドバイス

基本的には柴竜○は問題ないでそうです。

ただし柴胡は理気剤なので、一般的には妊娠したら使わないほうがいいそうです。

子宮収縮をおこす可能性。

不安には安神薬が使いやすいです。

疏肝理気よりも)

珍珠母や琥珀などの重鎮安神剤や酸棗○湯。

ほかに妊娠中は大黄系はダメ、活血も避ける。

我朮や三棱などの破気薬もダメ。

理気剤は陳皮がいいです。理気安胎作用

基本的には柴竜○は問題なくて、オウゴンなども安胎作用があります。

妊娠3か月以内は薬は少なめに。

Imgp44270615

<2012年6月15日 我が家の庭 まるで陽炎のような真紅のクジャクサボテン