土屋薬局のはてなブログ

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

生理1週間前後におりものが多いです。においと色(黄色)が気になります

おはようございます。

我が家では紫陽花が咲いています。

空は青く透き通るようで、雲は西から東に流れています。

さて今週は、生理前後のおりものについて中医師のようびん先生からお聞きしましたのでログしていきます。

「生理1週間前後におりものが多いです。においと色(黄色)が気になります」

1年ほど前からの症状で、最近は生理前後の1週間と特定できました。

「それと 下腹部の膨張感です。下腹部がパンパンで硬く ガスが溜まっている感じで排便後もすっきりしません。」

→アドバイス

肝経の湿熱、肝胆湿熱があるので、「火を消してサッパリさせる漢方薬」が効くはずです。

いままでの漢方は正しかったです。

+開気丸→通じが良くなればおりものが変わってきます。

症状が改善できます。

通じが良くなれば大丈夫、必ず改善できる。

もし良くならないのでしたら、ちょっと涼血を加える。

◎通じの改善が大切

生理の10日前から始めます。

養生法は、辛い物を食べない。

にんにく、酒を控えめ。

これらのものは湿熱が増えます。

Imgp44640615

<2012年6月15日 なでしこ>