土屋薬局ブログ|親切な漢方相談

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

早発閉経(POF)の漢方について

こんにちは。

本日2回目の更新です。

陶先生という痛みに強い中医師の先生が訪店されて、いろいろと「痺証(ひしょう)」についてお昼に語り合っていました。

その間に、私が分からないことも教えて頂きました。

○早発閉経の漢方について

先天的な可能性

精血不足(せいけつぶそく)→疏肝理気(そかんりき)

☆精血不足と血を補う漢方薬がいい。(中心)満量で服用する。

☆多少のストレス緩和も必要、疏肝理気する漢方薬も。

陰陽がはっきりしていないときには、補腎(補陰薬)は入れなくてもよい。

たとえば、臨床上では「枸杞の実や菊の花が配合された補腎薬」+「疏肝理気漢方薬

使うチャンスが多い、陰虚の体質にこの処方で排卵が起きたお客様がいる。

POF・早発閉経に効く漢方薬、妊娠」 

早発閉経・卵巣機能不全の漢方対策/FSHが高くてAMHが少なめの漢方対策/卵巣機能を高める

こちらの記事も参考になりましたら、幸いです。

我が家の庭 紫陽花

<2012年6月22日 我が家の庭 紫陽花>