土屋薬局|子宝漢方で不妊克服!

子宝漢方で体質改善、妊娠力を高めましょう!山形県東根市の土屋薬局のブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談。自然妊娠、人工授精、体外受精など妊娠したい子宝相談すべて承ります。漢方相談はお電話0237-47-0033店舗または下記の漢方相談表、子宝相談表をご利用ください。ご来店の場合にはお電話でのご予約が確実です。よい結果を一緒に目指しましょう!

44歳でFSH39・6の不妊症。妊活の子宝漢方相談で無事に出産できました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の7月5日に土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン188号を発行しました!

スタッフ一同力を合わせて作りました。

楽しんで役立つようなコラム、メールマガジンを目指しています。

今後とも頑張っていきたいです。

http://www.mag2.com/m/0000139327.html

こちらから申し込みできます。

タイトルはこちらで、今回も編集後記をご紹介したいです。

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●● 土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 

vol.186 2012・06・05   

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読ありがとうございます。

メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

のメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)は

お客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して

発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm

発行者Webサイト: http://tutiya.la.coocan.jp/mail-maga.htm

----------------------------------------------------------------------

● このメルマガの内容とは

最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。

● 目次

1.巻頭コラム 「44歳でFSH39・6の不妊症。妊活の子宝漢方相談で無事に出産できました。」

2.ハッチ日記 164話 「夏の終わりにはどうなるのでしょう??」

3.スタッフより 「今回、都合によい休載させて頂きます。」

4.『とってもためになる!中国漢方セミナー188』

  

   ★『心のトラブルを上手に解消 「鬱(うつ)」の養生』の巻★

5.編集後記 「患者さんに寄り添って、よく話を聞くことです。」

●お知らせです。

「メルマガでもっとお役に立てる情報を発信したいと思いますので、

日ごろから疑問に思っていることを教えてください。

あて先は、こちらへ  <JDY00247@nifty.com>です。

ツイッターは、http://twitter.com/tutiyakです。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  5.編集後記 「患者さんに寄り添って、よく話を聞くことです。」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の火曜日、7月3日に、イスクラ産業の担当のKさんと、

新しく担当になるNさんと一緒に、中医師の陶先生が訪店されました。

日本中医薬研究会、つまり各地の漢方薬局の勉強会で

痺証(ひしょう)」といって痛みやしびれの中医学的な

対応策を話されている先生で、私もお話をいつの日にか聞いてみたいと

思っていたのですが、漢方薬局の中でも「痛み、しびれ」に強いところして

私に白羽の矢が当たり、恐れ多くも対談する運びとなりました。

当店や私の今までの痛み、しびれに対する対応の漢方の話をいろいろとして

今後の「痺証」に関する展開なども話し合って、お互いに固く握手しました。

そして夜は山形市で私の妻も一緒に参加して、

レストランで陶先生やイスクラの社員さんたちと

お食事をしてきました。

イスクラ産業さんとは、中成薬といって

中国の漢方を日本に普及している会社です。

イスクラとは「燎原の火」というロシア語で、

最初は小さい火であったとしても日本中に

広めていきましょう。という創業者の想いが詰まっている

名前です)

いろいろとお話しして楽しかったのですが、

最後に先生が私の妻に向かって

「漢方で一番大事なことは、

患者さんに寄り添って、よく話を聞くことです。

それだけで効き目が良くなってきます。」

「たとえ漢方薬を多少間違えたとしても、

思いやりの気持ちがあれば効き目が上がります」

とお話して頂いて、なるほどなあ、

と帰りの車の中で妻と感銘を受けながら

山形市から東根市の自宅へ帰りました。

紫陽花に交じって、まだまだクレマチス元気に咲いています

<2012年6月25日 我が家の庭 紫陽花に交じって、まだまだクレマチス元気に咲いています>