親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

中医不妊症お茶の間講座のスクーリング2012に参加してきました。(2)

本日2回目の更新です。

先週の土日に東京で研修した内容を記録(ログ)していきます。

今日も真夏日、暑い暑い山形です。

月曜日に福岡から山形に来て20年ぶりにあった友人も「九州の夏と変わらないじゃん」と言っていました。

さて

2012年8月25,26日(土日)に東京で漢方を教わったこと。

中医不妊症お茶の間講座のスクーリング2012に参加してきました。」の続きです。

私はB班の漢方討論会に参加しました。

○<テューターの張先生に始まる前に土屋が個人的にお聞きしたこと

子宮腺筋症のときにはチャ○は生理の1週間前から生理が終わるまで3錠×3回で服用すると効果的。

低温期は夏至冬至に採れる生薬。

邪魔なものをとりさる。

<グループディスカッションのまとめ>

N先生の漢方症例発表について

○FSHが高い

心火上炎→重鎮安神

  ↓

腎陰不足になる

  ↓

腎精不足、FSH↑、E2↓

心火を降ろし、腎陰を補い、腎精を満たす

琥珀製剤+杞菊地黄丸または夏至冬至に採れる生薬

補腎陰と使うのがベスト

※5錠×2回 朝晩 あるいは寝る前に5粒でもOK

◎腎陰を増やすには心火を抑える

夜は陰→陰を増やす

◎安胎は4ヶ月、12週までは必ず→安定するまでは安胎するほうが良い。

杞菊地黄丸のロウ丸の蜂蜜は、棗の蜂蜜からできている。

それぞれのグループの漢方討論会のまとめ

A班:あせらないでじっくり補腎してチャンスを待つ

B班:枸杞の実と菊の花が配合された補腎薬→卵の育ちを良くする

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…化痰が大事、たとえばチャ○と脾陰を補う漢方薬

邪魔なものをとり、良いものを育てる…冬至夏至にとれるスピリチュアルな漢方薬

「枸杞の実と菊の花が配合された補腎薬」+「冬至夏至にとれるスピリチュアルな漢方薬」→全周期に使っても良い

生理3日目から

参考までに…生理8日目から参茸補血丸、生理21日目 参馬補腎

C班:低温期は杞菊地黄丸+二至丹、高温期は参茸補血

生理期は破血化淤(水)、排卵期は破血化淤(爽)。

PCOSの三点セット 養血調経+桂枝○○○+チャ○

D班:子宮内膜症、子宮腺筋症…淤熱があると考える、内出血

補腎と去邪のバランスが大事

補腎とは

1)精子卵子の育ちを良くすること、腎精を補うこと

2)ホルモンバランスを良くする、陰陽のバランスを整えること

Imgp51770828

<2012年8月28日 我が家の朝顔、天まで上がれ!>