親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

眼精疲労、のぼせ、目の乾燥感、目の充血と顔面麻痺の漢方相談について

おはようございます。 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 

本日は朝から雪が降り積もっている山形です。 

先ほど尾花沢からの来店されたお客様がいらっしゃいましたが、尾花沢もだいぶ雪が降り積もっているそうです。 

夏になったら、春になって雪が溶けたら鶴子そばを食べに行きたいです。 

「かきあげ」が絶品だそうです。(^^) 

 

さて昨日は、「目の漢方相談」と「顔面麻痺の漢方相談」について中医師のようびん先生に教えてもらいました。 

忘れないように記録していきます。 

 

眼精疲労、のぼせ、目の乾燥感、目の充血と顔面麻痺の漢方相談について

  

1)20代の男性のかた「目の漢方相談」がありました。 

眼精疲労、夕方から顔ののぼせ、目の乾燥感、目の充血があります。 

目の充血が一日続いています。 

目薬ではどうにもなりません。 

お仕事は製造業で立ち仕事です。 

血圧は正常です。 

ときどき頭痛で、後頭部が重い感じ。 

めまい、耳鳴りはありません。 

 

→ようびん先生のアドバイス 

目の流れが悪いです。 

舌ベロを確認して淤血があるようでしたら血流が悪いです。 

杞菊地黄丸と丹参製剤が効果的です。 

血行を良くすると目に杞菊地黄丸の成分が届く、流れが改善して効果が高くなる。 

杞菊地黄丸がもっと効くようになる。 

のぼせが強かったら二至丹もいいです。 

何か緊張があるかも。 

姿勢が悪いと流れが悪くなる。 

丹参製剤は、1包×2回だったり半包×2回 

食養生は、レバーとか枸杞を食べたり、菊花茶を普段から愛用したり。 

香菊花などの養生茶を飲んでいると違ってきます。 

目の充血などによい。 

 

2)「顔面麻痺の漢方相談」について 

顔のどこが痺れているのか? 

○耳→肝の経絡 

たとえば瀉火利湿顆粒をちょっと入れる。 

黄膩苔があれば湿熱が邪魔しているから、患部に効き目が届かない。 

 

○目→肝の経絡 

もし苔がない、舌が紅ければ杞菊地黄丸がいい。

  

○口→脾の経絡 

食欲減退などあれば補中丸や健脾散など。 

目の症状があれば杞菊地黄丸を加える。 

独歩顆粒よりも散痛楽楽丸がいいかも。 

独活↓ 羌活↑ 

養生法はマッサージを自分でする。 

目のまぶたのところをマッサージする。

10回ぐらい軽くマッサージをする。

  

cf(顔の下のしびれ、首のしびれに会員店さんで独歩顆粒と冠元顆粒でよく効いたケースがある)

  

<追記> 

雲南省出身の先生にも確認してみました。 

<5つの生薬>で経絡を通すことも良い方法です。 

また参茸補血丸などの補腎薬もいいです。 

活血+通絡+補気+補血+補腎 

体を温めること。 

寒くなってから発症した場合には温めていくことが基本。 

あとマッサージも良いです。 

以前に漁師さんで顔面麻痺になった方がいた。 

痛みもひどかった。 

独歩顆粒と冠元顆粒、参茸補血丸の3つで治ったかたがいます。 

冬に発症したものだったら参茸補血丸がいい。 

正気が不足して経絡が虚のところに邪気が侵入したもの。 

通絡には<5つの生薬> 

漢方の種類が多くなったら量で加減する。

 

2013年1月10日追記 

贅沢にも今日は師匠の何先生にも顔面神経麻痺の漢方について問い合わせてみました。 

顔面神経麻痺→発症した時間の系列から考える。 

最初の時間は去風剤が必要。 

たとえば冠元顆粒+頂調顆粒+麦味参顆粒など。 

2~3ヶ月経過した場合には、去風剤は効かなくなる。 

活血化淤+独歩顆粒+参茸補血丸 

あるいは、麻痺だから筋肉の痙攣に対して健胃顆粒や逍遥丸などを併用。 

肝脾腎の3つの臓器から入る。 

アリやヒルなどの虫類も使える。 

食用アリ製品には南五加皮が配合されていて去風剤だから使いやすい。 

顔面神経麻痺は遅れると時間がかかる。長引く。 

最初の3ヶ月が重要、5つの生薬もOK。 

 

蔵王温泉スキー場

<2010年1月12日 蔵王温泉スキー場 いまこの画像をパソコンの背景にしています。懐かしいです> 

 

 

「こころ」の健康アドバイザー 土屋薬局! 

土屋薬局と薬剤師 土屋幸太郎

2019年11月22日 土屋薬局と薬剤師 土屋幸太郎

「山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。


頭痛、肩こり、背中の痛み、肩甲骨の痛み、腕のしびれ、肘の痛み、膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。また最近では、不妊症を中心とした婦人科系の子宝のご相談も日増しに多くなっております。


2人目のお子様が授からない、流産を繰り返すなどの不妊の悩み、不育症、体外受精でなかなか授からない、多嚢胞性卵巣、排卵障害、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫(チョコレートのう胞)などの器質的疾患や高プロラクチン血症によるホルモンバランスの乱れなどのご相談で実績を上げています。


そのほか、にきび、アトピー、湿疹、肌荒れ、掌蹠膿疱症、乾燥肌、喘息、精神疲労、抑うつ感、漢方ダイエット、耳鳴り、耳のつまり、聴力低下、メニエル、めまい、ストレス、不眠、高血圧、高血糖、糖尿病、痛風、高脂血症、腎臓病、肝臓病、がん、冷え、生理痛、男女更年期障害、免疫力の低下、起立性調節障害、発達障害などのご相談もお気軽にどうぞ。 

 

お客様の立場にたちました、親切丁寧な漢方相談を心がけ、東北にかまえる薬局らしく、土屋薬局は従業員一同、もちの木のように 粘り強く努力してまいります。
当店は、さくらんぼ”佐藤錦”で有名な東根市(ひがしねし)に在ります。
親切第一をモットーとして、親身になって健康について考えます。しっかりした相談で、あなたの悩みも解決します。
健康についてのご相談、商品についてのお間い合わせを承っておりますので、お気軽にお電話下さい。」 

 日本中医薬研究会 会員店紹介より  土屋薬局

  

土曜日の漢方相談会が終わって

2018年11月17日 土曜日の漢方相談会が終わって

旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には東根市、村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

 

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

 
漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 日曜日、祝日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

  

ホームページは 土屋薬局 中国漢方通信

土屋幸太郎のツイッターはこちらです。

twitter.com

今後とも土屋薬局をよろしくお願い致します。