子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

生理中の不眠への漢方対策について、日中は眠くて仕方がない

おはようございます。

うっすらと粉雪が駐車場に積もっていましたので、地下水で融雪をかけている朝です。

ラジオ深夜便の誕生日の花きょうの一句より。

「大阪の寒さこれより初戎」

西村和子 初戎(新年)  トキワコザクラ(サクラソウ科) 富貴、神秘な心

さて、昨年の年末に周ぐん先生からお聞きしたことの内容をまとめていきたいです。

40代後半~更年期前後のイライラ、眠れないことに漢方対策」の続きの話です。

土屋 「周先生に質問です!生理中に不眠になるお客様がいらっしゃいます。漢方的にどのように考えればよろしいでしょうか?」

周先生→

生理中の不眠はおもに血虚(けっきょ)や陰血不足(いんけつぶそく)から来ています。

血(けつ)は精神を安定させる基本的な物質ですし、生理によって陰血(いんけつ)が足りなくなると睡眠が悪くなります。

生理中のめまい、疲れ、疲労倦怠感、眠れなくなることなどはよくあることです。

疲れ、疲労倦怠感は気虚(ききょ)でもあります。

婦宝当帰膠補気補血は半々。→ちょっと帰脾湯を入れる。

生理中には血(けつ)が足りなくなるので+ミンハオ1錠

血虚は肝の陽が昇りやすい。

婦宝当帰膠を多めでもいい。

cf 参考までに。

気虚(ききょ)体質は日中に眠くなる。

食事が終わると眠くなります。

Imgp5804130101

<2013年1月1日 山形市 蔵王を眺める初日の出です>

Imgp5815100101

田んぼも凍る朝でした。