土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

新庄市や最上郡から漢方相談のお客様が増えてきています

おはようございます。

先週土曜日の漢方相談会、雪の日でしたが新庄市から2組のお客様、最上郡、村山市東根市天童市山形市の遠方から多数のご来店がありました。

先々週はずっとここ数年間、当店をご愛顧して頂いている宮城県名取市のお客様ご夫妻のご来店もありました。

名取市は、最近は仙台空港を使うことが多いのでとてもなじみ深い場所になりました。

住みよい民度の高い街だと思います。

雪道の悪路にも関わらず、新庄市や最上郡からの真剣な漢方相談のお客様が増えてきていますので、それだけのリターン、成果を当店に希望されていることに他なりませんので、今後とも勉強して副作用などの悪い反応を出さずに、良い結果を追い求めていきたいです。

山形市からのお客様は家族3人でのご来店でした。

一番最初の不妊症、妊活の漢方相談は、平成21年の6月14日でした。

高温期の血液検査、問題なし。

子宮卵管造影検査も問題なし。

排卵モニターでタイミングをしました。

今月は卵が育っていないといわれ、来週にまた通院する予定です。

子宮筋腫はあるが妊娠、出産に問題はありません。

という漢方相談ご希望で、当店からは婦宝当帰膠と加味逍遥散のシンプルな処方をお勧め。

6、7、8月と服用されて3か月後にめでたくご懐妊、婦宝当帰膠と参馬補腎丸をお勧めしてそして無事のご出産につながりました。

今後は二人目をご希望とのことで、卵巣機能を上げながら(いまは35歳を越えてきたので補腎が必要)と生理期と排卵期には丹参製剤でスッキリと「うまく排出させる」ことを目標に3種類の漢方をお勧めさせて頂きました。

最近、お隣の天童市から来店されていたお客様2組、こちらも二人目の漢方相談だったのですが、婦宝当帰膠で養血調経して、生理期と排卵期をスッキリスムーズにする簡単な方法だけで立て続けにご懐妊されました。

やっぱり適切な漢方を選ぶことは大切なことをお客様から学んでいる毎日です。

そういえば新庄市からのお客様、無事に体外受精で初めて移植までいったので結果を楽しみにしています。

お腹が冷えるとのことで、過去に流産されたお客様たちが「あのときはお腹が冷えていました」という声を何回か聞いたことがありますので、安胎で体を冷えから守るために脾腎の陽気を補う漢方もお勧めさせて頂きました。

○2013年2月18日~2月23日(月~土) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2013年2月24日(日) 第四日曜日で土屋薬局、定休日です。

熱海桜

<2013年2月10日>

熱海桜です。

綺麗ですね~。東北にも早く春よ来い!です。

妻と

翌日は早朝に海辺へ。

貫一とお宮の銅像を観光してから海を見ました。