土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

漢方薬で対処する交通事故後の後遺症「しびれ」に関して

おはようございます。

山形、今朝は久しぶりに晴れました。

太陽が顔を出すとほっとしますね。

さて、一昨日に師匠の何先生にお聞きしたことをログしていきたいです。

漢方薬で対処する交通事故後の後遺症「しびれ」に関してです。

「50代の女性のかた。右足のしびれ。とくに親指から中指の裏側。交通事故後遺症です。5年前に歩道にいたところ車が暴走してきてはねられました。病院からはリリカが処方されています。事故から5年経過ですが、まだ傷口が完治しません。主治医からは痛みをとる薬はあるが、しびれをとる薬はないので慣れるしかないと言われています。漢方薬で治りますか?」

という漢方に関するご質問を頂戴していました。

<何先生からの回答>

難しい場合が多いです。

加齢によってひどくなる可能性があります。

→加齢の問題を漢方で緩和していく

少し楽に過ごせる。

半分は加齢の問題もあります。

漢方薬は、独活製剤+丹参製剤+健胃顆粒少し(半包)

1日2~3回

5つの生薬でもOK または水蛭製剤(塊があれば)

水蛭製剤は短期間、1か月ぐらいの服用とか。症状を和らげるために。

我朮や三棱が心配。

ここで再度、土屋からの質問 「田七人参はいかがですか?」

<何先生の回答>

半年以内…田七人参

5年後はどうかな?

足の外側のしびれだと肝と胆の経絡だから田七人参を使っても大丈夫。→肝系に入るから

最低、3ヶ月間は続けて様子をみていく。

事故で全身の骨がずれる→一か所の問題だけではない。

Imgp49770211

<2013年2月11日 熱海> 海が綺麗でお日様が最高でした。この時期の日本海側の雪がふる気候に住んでいると、太平洋側の温暖な気候が羨ましくなります。