親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

産後の貧血、腰痛、痔の痛み、イボ、出血。カンジダ膣炎の漢方アドバイス

おはようございます。 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 

NHK仙台放送局天気の番組みていたら、今日は「啓蟄」だそうです。 

一雨ごとに春の足音が近づいてくるそうですが、我が家の庭は空から淡雪が降ってきています。 

さて、昨日に師匠のトン先生にいろいろと中医学、漢方のことお電話でお聞きして勉強しました。 

忘れないうちにログしていきたいです。…

 

産後の貧血、腰痛、痔の痛み、イボ、出血。カンジダ膣炎の漢方アドバイス

産後の貧血がひどい、腰痛がひどく真っすぐ歩けない。産後の体力回復と母乳の出には?

 1)土屋  

「めでたく40代でご出産のお客様のことです。 

産後に貧血がひどい、腰が痛くてまっすぐに歩けません。 

体の回復を助け、母乳がよく出るような漢方薬は婦宝当帰膠と独歩顆粒でよろしいでしょうか?」  

トン先生 「はい、素晴らしいですね」 

 

40代女性 慢性化しているカンジダ膣炎。37歳から発症、毎月のようにカンジダ膣炎になる。長期間に慢性化している。

2)土屋からの質問その2 

「慢性化しているカンジダ膣炎。40代のお客様です。 

37歳ごろから現在まで毎月のようにカンジダ膣炎になります。 

20代の頃も年に数回なっていましたがここ数年は慢性化しています。 

37歳のときに通院していた婦人科では『35歳を超えたらホルモンの関係でカンジダ膣炎が慢性化する人がいるけどもいきなり治ることもありますから』と言われていましたが、結局治りませんでした。 

現在はほんとにひどいときだけ通院しています。 

生理が終わったらまた再発してしまうの繰り返しです」 

 

トン先生 「粘膜のバリア機能の問題。 

真菌と戦う免疫力の問題。 

何回も繰り返す→清熱解毒は対処療法で不十分。 

急性期終わったら+症状をなおす 

次回の生理がきたら早めに「夏至と冬至に採れる生薬」+「バリア機能を高める漢方、黄耆製剤」がいいです。 

百合製剤もOK. 

「夏至と冬至に採れる漢方」だったら8粒×2回。 

百合製剤も「バリア機能を高める漢方、黄耆製剤」も1包×2回 

真菌は粘膜の乾燥しているところが大好きだから潤いをつけていく補陰も必要。 

40代だから「湿熱も解消する補腎薬」「地球温暖化の強い味方の漢方薬」も予防のためにいい! 

生理中も服用して大丈夫。 

ずっとのんでいい。 

清熱解毒は短期間にする。」 

 

痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?」 

こちらの痔の漢方のコラムも参考になりましたら、幸いです。

  

産後の痔の痛み、イボ、肛門からの出血について

3)土屋からの質問その3 

「めでたく先月にご出産された30代のお客様がいらっしゃいます。一人目は帝王切開でしたが、2人目は自然分娩だったそうです。さて、産後に痔の痛み、イボ。出血があります。どのように漢方を考えたらよろしいでしょうか?」

 

トン先生 

「便秘があるのだったら『冬至と夏至に採れる漢方』+槐角丸 

2つの季節の漢方は便秘にいい、止血効果もある。 

便秘があれば槐角丸と併用すれば効果的な漢方。 

便秘がなければ田七人参+槐角丸」 

 

中国大使館商務処の水餃子 

<2013年3月3日 中国大使館商務処でだされた水餃子。美味しかったです>

 

www.tutiya-kanpo.co.jp

www.tutiya-kanpo.co.jp

www.tutiya-kanpo.co.jp

www.tutiya-kanpo.co.jp

www.tutiya-kanpo.co.jp

これらのリンク先は中国大使館商務処に日中友好に努力しした証として表彰された一連の経過を載せています。お時間がありましたらどうぞご覧くださいね。

 

「こころ」の健康アドバイザー 土屋薬局! 

土屋薬局と薬剤師 土屋幸太郎

2019年11月22日 土屋薬局と薬剤師 土屋幸太郎

「山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。


頭痛、肩こり、背中の痛み、肩甲骨の痛み、腕のしびれ、肘の痛み、膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。また最近では、不妊症を中心とした婦人科系の子宝のご相談も日増しに多くなっております。


2人目のお子様が授からない、流産を繰り返すなどの不妊の悩み、不育症、体外受精でなかなか授からない、多嚢胞性卵巣、排卵障害、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫(チョコレートのう胞)などの器質的疾患や高プロラクチン血症によるホルモンバランスの乱れなどのご相談で実績を上げています。


そのほか、にきび、アトピー、湿疹、肌荒れ、掌蹠膿疱症、乾燥肌、喘息、精神疲労、抑うつ感、漢方ダイエット、耳鳴り、耳のつまり、聴力低下、メニエル、めまい、ストレス、不眠、高血圧、高血糖、糖尿病、痛風、高脂血症、腎臓病、肝臓病、がん、冷え、生理痛、男女更年期障害、免疫力の低下、起立性調節障害、発達障害などのご相談もお気軽にどうぞ。 

 

お客様の立場にたちました、親切丁寧な漢方相談を心がけ、東北にかまえる薬局らしく、土屋薬局は従業員一同、もちの木のように 粘り強く努力してまいります。
当店は、さくらんぼ”佐藤錦”で有名な東根市(ひがしねし)に在ります。
親切第一をモットーとして、親身になって健康について考えます。しっかりした相談で、あなたの悩みも解決します。
健康についてのご相談、商品についてのお間い合わせを承っておりますので、お気軽にお電話下さい。」 

 日本中医薬研究会 会員店紹介より  土屋薬局

  

土曜日の漢方相談会が終わって

2018年11月17日 土曜日の漢方相談会が終わって

旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には東根市、村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

 

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

 
漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 日曜日、祝日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

  

ホームページは 土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局の口コミは、山形県の漢方薬局・薬店の口コミ・評判のことなら漢方体験.com

土屋幸太郎のツイッターはこちらです。

twitter.com

今後とも土屋薬局をよろしくお願い致します。