不妊漢方で子宝|土屋薬局ブログ

不妊の子宝漢方相談、痛みしびれ、耳鳴り、不眠など土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。相談料は無料です。相談は薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎と女性薬剤師で人気の幸の2人です。相談予約もしくは電話相談は、山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。@tutiyakです。優しい人柄がわかりやすいです。

不妊漢方相談で「妊娠して胎嚢が見えました!」と嬉しいご報告

こんにちは。

山形は9月2日、日中はまだまだ暑さが厳しいものの朝晩は虫の音の大合唱に、日中はセミの鳴き声も聴こえてきて気持ちが癒される毎日です。

さて先週の土曜日は漢方相談会、暑さにも関わらず多くのお客様にご愛顧頂きましてありがとうございました。

その中で印象深かったのは、一本の電話のことです。

20代の女性の方で主人のお兄さんのお嫁さんから東根市の土屋薬局を紹介されたそうです。

最上川沿いの287号線を通って長井市からご夫妻でご来店でした。

ご主人様も明るい人柄で夫婦でお元気なので、私もお話していて疲れずに気持ちよくお話しさせて頂いていました。

今年の平成25年 2013年の1月からのご相談でした。

結婚1年で月経周期が長めのタイプです。

月経の生理周期が46日周期、34日周期、38日周期、36日周期と長いです。

月経期間の生理は5日間です。

中学校のときには月に1回の生理で正常でした。

お仕事の影響、ストレスもあるかもしれないとのことでした。

生理痛(-) 血塊(-) 生理前のイライラ(-)

普段は頭痛が多いです。

製造業の仕事で同じ姿勢で立っているので肩こり頭痛になりやすいです。

婦宝当帰膠と炒麦芽、また時々の陰部の痒み対策に瀉火利湿顆粒。

ご主人様は男性不妊対策の漢方(アリ)

若い主人にを男性が元気になる漢方をお勧めしていると妊娠するカップルが多いです。

最初からその旨をお話させて頂きました。

2月は56日周期、その後は冠元顆粒を服用しているから頭痛も無くなってきて調子がいい。

3月には月経周期が35日周期になり、生理も6日間に伸びました!

婦宝当帰膠冠元顆粒、逍遥丸で3月の春のストレスを疏肝(そかん)して気持ちをリラックスする方法をお勧めしました。

4、5、6月と漢方は継続していきました。

課題は、1)基礎体温が低め 2)月経周期が長い ことでした。

冠元顆粒は普段は半包×2回で服用。

月経期と排卵期は1包×2回で気血の転換をスムーズにすることにしました。

7月には、再度、逍遥丸から炒麦芽に変更しました。

婦宝当帰膠、炒麦芽(朝1包、夜2包生理以外の毎日服用)、冠元顆粒という3つで月経周期を調整していきました。

逍遥丸の丸薬が苦手という理由もありました。

そして8月31日にお電話があり、「漢方服用して、妊娠して胎嚢が見えました!」と嬉しいご報告でした。

今後ともお客様一人一人の体質に合った役立つ漢方相談をしていきたいです。

今回は、炒麦芽を再認識しました。素晴らしいです。