土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

高プロラクチン血症。漢方も服用し二度の流産を乗り越えて、待ち望んでいた我が子にやっと会えた時はとても感動しました

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形は210日も過ぎて秋らしくなってきました。

今朝はトンボがふわり飛んでいて、虫の音を聞きながらそろそろ朝顔の季節も終わりだなあと思いました。

さて

Iさまより掲載許可を頂きましたので、コラムを作成させて頂きます。

Iさまからは以下のようなお言葉を頂戴しています。

「こんにちは。

とてもかわいいアルバムありがとうございました。

さっそく使わせていただきます。

今までのこと紹介してくれてかまいません。

私も、紹介文を見て色々、頑張ることができました。

同じ悩みを抱えている方の力に少しでもなれたら嬉しいです。

本当に感謝しています。」

Iさまは平成21年から平成25年まで当店をご利用して頂きました。

長い間のご利用ありがとうございました。

一番、最初の初めての漢方相談

平成21年9月11日のときでした。

Iさま 29歳のときでした。

高プロラクチン血症 PRL36・5

初潮12歳 月経周期26~28日 月経期間6~7日間

生理前に胸が張ります。

胃腸は大丈夫。

お通じやお小水も正常です。

一度、流産の経験があります。

婦宝当帰膠と炒麦芽の2つの漢方から始めていきました。

翌年、平成22年1月には自然妊娠されたのですが、残念なことに流産となりました。

その年の秋から婦宝当帰膠と炒麦芽に参茸補血丸も一緒に服用して、

補腎効果で体調や卵巣機能を整えていく漢方にしていきました。

平成23年もIさまは根気よく3つの漢方をお続けになりました。

秋の10月から病院通いを再開しました。

プロラクチンは前回よりも下がっていました。

卵管造影検査はあまりうまく見えませんでした。

人工授精から始めていくことにしました。

平成24年はIさま厄年でしたので厄除け祈願から一年が始まりました。

2月6日 4回目の人工授精をしたときに精子の運動率が良くなっていると誉められました。

結果は残念でしたが、旦那さまもイーパオのおかげだと言っていました。

5月からステップアップで体外受精をすることになりました。

頑張っていきます。

6月 体外受精の採卵で16個採卵で11個受精できました。

胚盤胞までの結果待ちです。

7月には8個胚盤胞までいき、その中でもグレードが良い4個を凍結胚保存にできました!

8月 凍結胚移植の1回目は着床してくれませんでした。

残念です。

10月 凍結胚移植をして判定に行ったら5週と2日で袋が確認できました!

土屋薬局からは犬のマスコットをお贈りさせて頂きました。

11月 前回は犬のマスコット嬉しかったです。

病院にいって9週で赤ちゃんは元気でした。

母子手帳をもらってきました。

つわりに耐えています。

12月 13週になり、赤ちゃんも元気です。

つわりもだいぶ楽になってきました。

平成25年1月 5ヶ月になりました。

風邪ひかないように気をつけていきたいです。

3月 お腹がだんだん大きくなってきました。

前置胎盤はまだ様子見です。

4月 やっと暖かくなって春らしくなってきました。

前置胎盤は変わりなく、次の検診で帝王切開になるか決定します。

7月6日

「こんにちは。

報告、遅くなってすみません。

5月27日に2930グラムの元気な男の子を帝王切開で出産しました。

待ち望んでいた我が子にやっと会えた時はとても感動しました。

今まで本当にありがとうございました。

また、2人目となった時にはお願いします。」

嬉しいメールを頂戴しまして大変に感動しました。

平成21年からのIさまとの漢方相談でしたので嬉しい限りです。

土屋薬局からは出産お祝いのアルバムをお贈りさせて頂きました。

どうもおめでとうございした。

ご家族末永いお幸せを心から願っております。

<漢方ワンポイント>

1)流産の経験がある場合には、腎虚(じんきょ)といって腎の気が足りないことが主な原因と中医学(中国漢方)では指摘しています。

腎虚により、胞宮不固となり流産となりますので補腎をしていくことが体質改善のポイントです。

2)高プロラクチン血症の場合には、肝鬱気滞(かんうつきたい)、肝腎不足であることが多いです。

疏肝解鬱(そかんげうつ)、理気調経(りきちょうけい)が大切になります。

婦宝当帰膠+炒麦芽補腎の参茸補血丸の3つの組み合わせは、補腎をして体質を強固にしてストレスに負けないようにするので基礎体温が整いやすく、生理前の胸の張りなどPMSの症状も和らぎやすいです。

ストレスに弱い→体の中が戦争状態→戦争だと逃げなければ死んでしまう→子供がいると邪魔。。。

となりますので、体の中が戦争状態にならないように丁寧に補腎をしてストレスに負けない体づくりも大切です。

3)夫婦で体力を底上げしたほうが病院の人工授精、体外受精が成功しやすいです。

奥様ばかり漢方を頑張って服用するカップルよりも、ご主人も一緒に漢方相談にくる。

そして何か補腎で精がつくようなものを服用して協力的なカップルのほうが赤ちゃんがやって来やすいと思います。(私の今までの経験から)

Imgp76150906

<2013年9月6日 大日様>

今日の昼休みの晴天にカメラ片手に撮影に出かけました。

秋晴れと言うのでしょうか。

気持ちよい感じです。

大日様は9月29日に秋の豊作祈念祭があります。

Imgp76190906

蝉時雨の合唱となっています。

まだ夏の名残りが続いています。

Imgp76210906

月山、葉山は雲隠れです。

晴れた日には雄大な風景となります。

Iさま、このたびはまことにおめでとうございました!

お子様、すくすくと元気に育っていって頂きたいです。

夏の疲れを残さぬようにご自愛くださいませ。