土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

お客様の妊娠、そして臨月、出産へ~会津藩公行列と大和川酒造~9月29日(日)臨時休業です。2013/09・24

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

先週の漢方相談会、いろいろなお客様にご利用して頂きました。

その中で印象深かったのは、大きなお腹で来店されたお客様さまIさまです。

臨月で子宮口も開いて明日明日出産とのこと。

むくみがひどく小水も出にくいとのことで漢方薬をお求めに来店されました。

Iさまが一番初めてご来店されたのが平成23年8月20日のときです。

結婚1年目とのことでした。

その後、平成25年2月に妊娠が分かりまして晶三仙や参馬補腎丸、逍遥丸などで母体を守りつつ、そして間もなくご出産とのことで嬉しく思った次第です。

ご主人様もいつも嬉しそうで、こちらまで元気になる感じです。

Iさまの大きいお腹に感動して、無事のご出産を願いました。

栃木県那須塩原市 塩原大網温泉

<2013年 栃木県那須塩原市 塩原大網温泉>

塔のへつり

<2013年9月23日 福島県 塔のへつり

連休を利用して妻と那須塩原の温泉に泊まり、行きは東北道を使ったのでしたが、帰りの往路はゆっくりと121号線、日光街道を利用して奥会津から北上して山形を目指しました。

道中、会津若松市では会津藩のお祭りもあり、とても楽しかったです。

福島県会津若松市七日町

<2013年9月23日 福島県会津若松市七日町>

幕末の英雄、河井継之助率いる長岡軍銃士隊!

観客からはそれぞれ盛大な拍手を受けています。

見よ!この雄姿。長岡軍、カッコいいです。

長岡藩の魂 ガトリング砲です!

長岡藩の魂 ガトリング砲です!

会津新撰組

やー、会津新撰組の登場です!

会津藩士と運命をともにした新撰組三番隊組長、斉藤一を頭とするグループです。

各隊それぞれ大きな声援と拍手が飛び交い、それと同時に「ありがとうございました!」の声が上がり、戊辰戦争のときの奥羽列藩諸藩の奮闘ぶりが目に浮かぶようでした。

山形でも「おれのところは戊辰戦争の激戦地だった」とお客様にお話をお伺いすることがあります。

八重の桜とジョー

<2013年9月23日 福島県会津若松市七日町 八重の桜とジョー

久しぶりに塔のへつりに来ましたが、相変わらずスケールが大きいところです。

おーい。

大和川酒造

大和川酒造

<2013年9月23日 福島県喜多方市 大和川酒造>

最後、喜多方の大和川酒造さんに3年間預けて熟成させていたお酒を取りにいきました。

震災のときにはお蔵のお酒などはすべて無事で、神棚のお札一枚だけ倒れたとのこと。

きっとお酒の神様がすべてを背負って身代わりになってくれたのだと、そう思いました。

私たちの預けているお酒も無事でした。

大和川酒造

3年前の2010年2月14日に大和川酒造さんを訪れた二人は、手をつないで仲良く来たそうです。

(なんと大和川酒造さんでは、その時のお客様の模様を記録しているのです!)

そしてその二人の名前を記録したプレートに妻の旧姓が載っていて、大変に感動しました。

結婚する前のお付き合いしていた当時のときの模様が浮かんできて「初心を忘れないようにしよう」と思いました。

妻も同様のようで何か大切な何かを見つけた感じです。

震災も乗り越えた3年の古酒を無事に受け取り、再び3年もののお酒を預けてきました。

貯蔵している蔵を拝見させて頂きましたが、5年や10年などの長期間楽しみに預けているお客様たちも数多くいらっしゃるようです。

喜多方の誇り、飯豊山の清らかな伏流水が育んだお酒を飲める日を楽しみして帰路につきました。

今週の漢方相談会のお知らせです。

2013年9月29日(日) 土屋薬局 第五日曜日で臨時休業です。

○2013年9月24日~9月28日(火~土) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2013年9月29日(日) 土屋薬局 第五日曜日で臨時休業です。