土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

体外受精で卵が未成熟卵。なかなか治療が進まない子宝漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の30日午前中の段階で、山形市米沢市からお客様カップルが子宝相談にご来店して頂きました。

山形市のお客様、当店とも長いお付き合いになるのですが、体外受精で卵が未熟卵とのことで、なかなか体外受精の治療が進まないとのことでした。

今までの漢方薬

☆養血調経+活血化淤

をメインにしていましたので、過去の方法からより補腎を強化することにしました。

排卵誘発剤で複数個10個前後の卵を採卵するときには、補腎して卵巣機能を上げてそれぞれの1個ずつの卵の質を上げることが大切です。

新しい方法→

☆養血調経+補腎

補腎精の漢方薬は2種類です。

早発閉経の方にもお勧めする力強い処方です。

米沢市からのお客様は10月から漢方を始めてすぐに基礎体温が整いましたので、いままでの方法を引き続き継続して頂いて良い結果を目指していきます。

体外受精のときであっても、クリニックの先生が基礎体温を気にしなくても、それでもお客様一人一人の体質は基礎体温表に現れてきます。

「十人十色」の体質に合わせて、来年も多くのお客様のお役立ちになりたいです。

体外受精のときでも、結局は病院では誘発剤を使ったり、ホルモン剤やカウフマンなどの方法ですから、実際に卵巣機能を回復する、栄養をつける意味では中医学の知恵で漢方薬をうまく併用していたほうが結果が出やすいです。

当店の場合ですと、女医さん自身や医師の奥様などもご利用して良い結果につながっているケースも多いです。

では、今年一年間ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

二見浦の眺め

<2013年12月22日 二見浦の眺め>

風が強い伊勢の二見浦でした。

伊勢神宮の外宮、内宮の参拝のあとに二見浦にやって来ました。

隣の建物は、二見シーパラダイスです。

伊勢海老が美味しかったです。

二見浦の眺め

夫婦岩

夫婦岩です。

ずっと憧れていましたので、夫婦岩も参拝できて本当に良かったです。

夫婦円満でいたいものです。

今週の漢方相談会のお知らせです。

○2013年12月30日~31日(月~火) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2014年1月1、2日(水木) 土屋薬局、お正月休みです。

○2014年1月3、4日(金土) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2014年1月5日(日) 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当させて頂きます。

土屋幸太郎は公休です。

土曜日の漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な漢方相談をお寄せ下さったり、カップルでのご来店が増えてきています。喜ばれる漢方相談を心掛けています。