はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

軽めにお掃除する。 大掃除をしたら耐えられない。…3月3日のはまぐり料理

今日は仕事をしていたら、スタッフから「イスクラ産業さんからお電話です」といわれて受話器をとると周先生から南東北中医薬研究会での今月のテーマについてのお話でした。

わたし南東北中医薬研究会の会長2年目で新米なのですが、会の運営に携わっています。

「先生の得意な婦人科やメンタル面で好きなようにお話をお願いします」

とリクエストさせて頂きました。

素晴らしい先生で、仙台や福島県などの漢方薬局の先生方、ひいては東北のためになることを期待しています。

さてせっかくですから漢方について個人的に一つお聞きしましたのでログしていきます。

土屋 「五味消毒飲など不妊症の子宝漢方相談で使うことはいかがでしょうか?いかにお考えですか?」

周先生 

不妊症において、『痰、淤、毒』の3つをお掃除する機会があります。

たとえばPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)ではよく中国では生薬の馬歯莧(ばしけん)を使ったりします。

『湿、毒、熱』を五味消毒飲は解消していきます。

軽めにお掃除する。

大掃除をしたら耐えられない。

不妊治療で排卵誘発剤が残る→軽めにお掃除する。

疲れない負担にならない掃除を」

と貴重な提言を頂戴いたしました。

今後に活かしていきたいです。

先生は日本人よりも語彙が豊富で、たとえ話が素晴らしいです。

余談ですが、はまぐり料理

Imgp73370303

<2014年3月3日>

お客様のご主人様にスーパーの鮮魚コーナーで働いているOさまがいらっしゃいますので、夫婦でよく立ち寄っています。

いつもスーパーなのに、個人でやっているお魚やさんみたいにいろいろと魚のことを教えてもらっています。

最近は、魚は値段が高くてパッとしないと先日、おっしゃっていましたが、はまぐりを購入してきました。

3月3日は、はまぐり料理の日です。

そのスーパーで料理を実演されている方は御年、75歳だそうです。

あまりの若々しさに驚いていると秘訣が2つあって「早く寝ること、朝は冷たい水で顔をあらうと皺にならないこと」と若さの秘伝を教えてくれました。

シミ一つなく、お肌の色白さ、艶がある潤いなど驚嘆するばかりです。

さてその実演コーナーで販売していた調味料も購入して、早速のはまぐり料理♪

Imgp73400303

みつばを入れます。

Imgp73430303

あー、美味しかった!

栄養満点でした。

もっとお魚を食べて健康になりましょう!

最後に芭蕉の一句、三重県二見を思い出しながら奥の細道より

「蛤(はまぐり)のふたみに別れ行く秋ぞ」