はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

頸椎症の漢方相談について 中医学な漢方認識(3)

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

前回の更新から時間が経ったのですが、「頸椎症の漢方相談について 中医学的な認識」の続きをアップしていきたいです。

最近、ここのスレッドのところを読んで頂いたお客様から「頸椎症と医者に言われて約5年。いま整体に通ってます。肩凝り、頭痛、手のしびれ、とにもかくにも、首の下の骨の圧迫感がひどいです。良い漢方薬ってありますか? 」

というメールを頂きましたので、頸椎症の漢方的な考察を進めていきたいです。

悩んでいる方が世の中に多いことを知りました。

<頸椎症>

基本的には、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方を使う

神経根症(風寒湿邪→痺れ)+5つの生薬

+椎骨動脈(気血不足→めまい)婦宝当帰膠、温胆湯

一部は痰と関係ある

+脊髄症(精血虧虚→排便排尿障害)+参茸補血丸、水蛭製剤

頸椎症の三点セット漢方治療

通絡 ☆☆☆

補腎 ☆☆  (30~40歳を超えたら腎の力は下がる)

養血活血 ☆☆

中国の有名な施 杞先生の貴重な体験談

「痺」の三期治療

<急性期> 去淤+益気活血、通絡→水蛭製剤、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方

通絡+活血が望ましい、冠元顆粒や爽やかなお月様の漢方もOK、食用アリ製品、5つの生薬も

急性期は痛みが強い、活血を多めに使う

<緩和期> 和血+益気活血、通絡→鶏血藤、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方

病気が進んだとき、当帰を主成分とした婦人の聖薬、婦宝当帰膠も良い

<慢性期> 補益肝腎+益気活血、通絡(これ自体が去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方のようなもの)

→鹿茸と人参を主成分とした漢方薬 参茸補血丸、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方、/独歩顆粒

慢性期は激しくはないが症状が残っている。たとえば肝陰虚には枸杞の実と菊の花が配合された漢方薬、杞菊顆粒

また次回に機会があるときに掲載していきたいです。

Img_13180710

<2014年7月10日>

若木山から眺めた月山の夕焼けです。

実に美しいです。

Img_13190710

Img_13210710

東根市民プール、小プール

別名 がまプールの夕焼けです。

美しいです。