親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

痺証オープン講座に参加してきました。

おはようございます。

山形県東根市の土屋薬局、薬剤師の土屋です。

さて、三連休の中日、7月20日(日)を利用して痺証オープン講座に参加してきました。

私こと土屋幸太郎も白羽の矢が立ち、三部構成の最後を締めくくる講師として久しぶりに東京での講演会でした。

子宝相談、不妊症のほうは全国各地の漢方薬局、薬店で取り組みが進んでいますが、痺証(ひしょう)という痛みやしびれの漢方相談でのシンポジウムでしたので私もちょっと興奮しました。

三連休にも関わらず会場には多くの薬剤師の先生方が集まり熱気を感じました。

これから日本各地で「関節の痛み、しびれ、足腰のだるさ、肩こり、足のけいれん、指のこわばり、筋肉痛、腰痛、神経痛、五十肩、捻挫、骨折」などに起因する痺証に多くの漢方薬局さんが得意になられますことを願ってやみません。

**********************

痺証オープン講座のお知らせ

**********************

2013 年より開講した中医痺証専門講座では、まだご受講でない先生方にも当講座の内容に触れていただきたく、オープン講座を企画いたしました。

痛みや関節痛のお客さまへの中成薬での対応のポイント、症状の見方について解説いたします。

日時 :

2014年7月20日 ( 日 )

13:30~17:30(13:00 開場)

場所:

東京国際フォーラムG409

東京都千代田区丸の内3-5-1

内容:

第1部  ロコモティブシンドロームにおける中成薬の活用

        秋本佳媛中医学講師

第2部 骨折における中成薬の活用

        陶惠寧中医学講師/ 北海道 さくら薬局・種田雅士先生

第3部 独歩顆粒~健康で元気な毎日のために

        南東北 土屋薬局・土屋幸太郎先生

東京国際フォーラムで 妻と一緒にパチリ

<2014年7月20日 東京国際フォーラムで 妻と一緒にパチリ>

東京国際フォーラムの会場の風景

会場の敷地では骨董市が人を集めていました。

土地柄、外人さんたちもたくさんいて凄いと思ってしまいました。

夜には東京は大雨となりましたが日中はとても良い天気でした。

秋本先生のロコモティブシンドロームチェック

秋本先生のロコモティブシンドロームチェックです。

あなたは片足でイスから立てますか?

I秋本先生の黄帝内経素問による人の「運命」

同じく秋本先生の黄帝内経素問による人の「運命」です。

女性は7の倍数、男性は8の倍数で運命が決まります。

それらの自然の変化、体の老いに対して若さを維持すること、養生して長生きすることが中医学です。

中医学とは「養生の医学」「長生きで健康の医学」です。

秋本先生の話は大変にためになり、今後の痛み、しびれの漢方相談に活かしていきたいです。

次は北海道の種田先生による骨折に対する中医学中医学漢方の話がありすごく参考になりました。

I痺証の痛み、しびれの漢方講演

土屋幸太郎の独歩顆粒を中心とした痺証の痛み、しびれの漢方講演です。

5つの生薬の話もお花のスライドなどでお話させて頂きました。

土屋幸太郎の独歩顆粒を中心とした痺証の痛み、しびれの漢方講演

土屋幸太郎の独歩顆粒を中心とした痺証の痛み、しびれの漢方講演

最後の痛み、しびれの漢方薬の質疑応答です。

無事に回答を終えてほっと一安心

<7月第4週の漢方相談会のお知らせです>

○2014年7月22日(火)~7月26日(土) 薬剤師、国際中医専門員A級、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2014年7月27日(日) 

第四日曜日で土屋薬局 定休日です。

漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な漢方相談をお寄せ下さったり、カップルでのご来店が増えてきています。喜ばれる漢方相談を心掛けています。

漢方のご相談方法は、漢方相談表、 またはファックス電話

お問い合わせは、送信フォームもございます。

詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明し ています。

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48 ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る< /small>

土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成して います。

土屋薬局は山形県の農村地帯にお店がありますので、さくらんぼ農家の方など足腰の痛み、しびれ。坐骨神経痛、腰痛、膝痛、リウマチなどの漢方相談 が多い薬局です。

痛み、しびれでお困りのかた、またご家族のご相談などお気軽に漢方相談お寄せください。