はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

朝のテレビ小説「まっさん」でエリーが苦労してご飯を炊いていて焦げてしまったように、体の中が乾いてきて潤い不足になるので火照ってきて基礎体温が上がってきます。

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●   「今まで低温期が高かった基礎体温がスッと下がって、排卵日がぴったり14日目となり2層になって高温期にスーッときれいに上がっています。」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日の11月4日に来店されたお客さま、最後の午後6時仕事帰りでした。

今年の9月21日から漢方相談

子宝漢方相談をしていてちょうど月経周期にあわせた周期療法とよばれる中国の南京の夏桂成先生で有名な方法をお勧めしていました。

40代のお客さまで体外受精をされているとのこと。

漢方では健康な体作り、いい卵、子宮内膜を目指しています。

最初はストレスを解消して道路の流れをスムーズにする方法

前回は卵胞期の月経周期4~14日目を重点的に補陰していく方法をお勧めしました。

今まで低温期が高かった基礎体温がスッと下がって、排卵日がぴったり14日目となりました。

2層になって高温期にスーッときれいに上がっています。

驚くばかりの綺麗な基礎体温になりました。

40代前後の方の基礎体温、病院の治療が長引きます。

なかなか結果がうまくでないときには、基礎体温は全般的に上がり気味になります。

低温期は36・5~36・6℃前後、高温期は37℃前後くらいの高さのある基礎体温は珍しくありません。

周期療法の低温期の卵胞期の処方で、36・2~36・4℃とだいぶ前回までの36・5~36・6℃と高くてギザギザしていた基礎体温が安定してきました。

こここれはチャンスです。

タイミングがあっているのでうまく願わくは自然妊娠も期待できるのでは、、と思っています。

(朝のテレビ小説「まっさん」でエリーが苦労してご飯を炊いていて焦げてしまったように、体の中が乾いてきて潤い不足になるので火照ってきて基礎体温が上がってきます。)

Imgp93430205

<2015年2月5日 東根市観音寺>

久し振りに雪原の写真を撮影にいきました。

右が大森山、左が若木山です。

晴れた日には朝日連峰や月山が見渡せます。

Imgp93440205

こちらは48号線方面、石崎山です。

奥羽山脈、水晶山、面白山など

Imgp93480205

この風景は観音寺らしいです。

ふたこぶの山が見事

Imgp93510205

もう紅い柿の実はついていませんでした。

すっかりと落葉、残雪となっています。

Imgp93530205

帰りに石崎山の近くを通ったら深い雪に覆われて、まだ誰も登っていませんでした。