土屋薬局のブログ|親切第一。ご相談お寄せ下さい。

こんにちは!痛み、しびれに強い土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談、痛みしびれ、耳鳴りなどお気軽にご相談お寄せ下さい。子孫繁栄と健康長寿!

子午流注学説指導服用薬時間

Image

夏桂成先生の婦科方薬臨床心得15講の第2講座、子午流注学説指導服用薬的時間をとうとう読んでしまいました。

前回は先生の本、「婦科 理論と実践」で八卦理論と月経周期療法の関係について読んで深くため息ついたので、今回の子午流注と月経周期の関係や周期ごとの服薬時間の関連など、眼からウロコが一万枚落ちた感じです。

生理の起こる時間帯や排卵の起こる時間帯の説明。

子午流注と月経周期、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の関係。

不正出血の起こる時間帯と子午流注による弁証論治。

卵胞期に服用する漢方薬の服用の時間帯根拠。

黄体期漢方薬の服用推奨時間。

月経期と排卵期は、明らかに転換の時期なので月経期は「午」、これは重陽転陰だから、そして排卵期は「子」でこれは重陰転陽だから。

などと説明されています。

ちなみに卵胞期は「酉」、黄体期は「卯」に相当します。

月経期と排卵期の「転換」の時期は「子午」。

卵胞期と黄体期の「長消期」は「酉卯」。

前人は「子午は経であり、酉卯は緯である」という説もあります。

などなど深淵なる東洋の世界が広がっています。

八卦と子午を学んでいくと、うーん、わたしも易経の世界もやれるかも。

と違う世界のドアを開いたかのような段落でした。

Image_2