土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

子宮腺筋症で体外受精。漢方薬で不妊体質改善

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日も暑い一日で寝苦しかったです。

山形も36℃を超える暑さで陽が盛んになっています。

今日の午前中の寒河江市からのお客さま、子宮腺筋症による不妊症の漢方相談

体外受精での挙児を希望で仙台のクリニックをご予約されたそうですが、半年待ちになっていたそうです。

6月末の電話予約で、初診が11月だそうです。

初夏に電話をして、季節は秋になってしまいますね。

以前は昨年は3ヶ月待ちぐらいでしたから、すごく患者さんが集まっているのだなあと思いました。

子宮腺筋症の漢方相談のお客様。

半年ぶりに生理を起こして秋の体外受精のために。

生理後もダラダラ続く不正出血対策に。

不妊症の子宝漢方の方法をかえて漢方薬も1種類追加でお勧めしました。

気を上昇させる補気剤(ほきざい)でもいいとは思うのですが、冷房でお腹や腰が痛くなられるそうですから、小さく家を建てるような漢方薬をベースに +補気漢方薬で動きやすいものを入れた漢方処方などを中心にしました。

「攻める」よりも「守る」漢方でデリケートで複雑な症状が多い子宮腺筋症に対応していきます。

子宮内膜症や子宮腺筋症では、気虚(ききょ)という漢方体質も潜んでいますから漢方薬などでゆっくりと今の気になる不正出血やお腹や腰の痛みの腹痛、腰痛、排尿痛などとれていければと考えました。

ほかお昼近くになりましたら、昨日と同様にお腹が大きくなった不妊症の関東出身のお客様がご来店されまして、お話をお聞きしましたら10月に出産のご予定だそうです。

流産後の漢方相談から、今まで頑張ってきました。

本当に良かったです。

、茶色い鳩

<2015年7月21日>

我が家の庭には、茶色い鳩が遊びにやってきます。

大体はこの大きな岩の上で休んでいます。

夕暮れ

夕暮れ

よってけポポラで購入した桃やスモモ

よってけポポラで購入した桃やスモモもかなり美味しかったですね。

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村漢方ブログランキングに参加しています。 


妊娠・出産 ブログランキングへ

 ↑ クリックして頂けましたら望外の喜びです。