土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

7月27日…妊婦さんが4人来店でした。

おはようございます。

今朝も朝から暑い山形です。

先週に不妊症の漢方相談、または漢方薬を薬局に購入に来店されたお客様のうちで妊婦さんが4人でした。

昔は、漢方相談駆け出しの頃には妊娠したらみなさま漢方薬の服用を止めてしまっていました。

今のように妊娠してからの流産予防、元気な母体、健康な赤ちゃんに期待する漢方の服用が多くなったことは嬉しい限りです。

よほど信用されていないと妊娠してからも漢方薬の継続リピートは難しいです。

土曜日のお客様は3人目が授かって、「1人目も2人目も漢方薬を服用して無事に出産できたので、3人目もぜひ漢方で体調を整えたいです」とのことでご主人様と4歳になったお姉ちゃんとまもなく1歳の赤ちゃんと家族4人連れで山形市からのご来店でした。

もう漢方相談されてから5年以上になる長い常連のお客さまです。

東根で帰りには、あそびあランドでお姉ちゃんが遊んで帰るとのことで、ご主人様は相変わらず若々しいですし、とても嬉しいご相談でした。

富谷町からのお客様カップルも、土曜日の来店の常連でして、今年の12月に宮城県立こども病院で出産されるそうです。

富谷町はこれから「市」になるそうです。

全国有数の人口増加率、発展している街だそうです。

東根市宮城県仙台市から48号線で意外に近い距離なので、実際に仙台から通ってくるお客様たちがいらっしゃいます。漢方相談の帰りには「山形蕎麦」を食べたり、温泉に入ったりリラックスして帰路につかれます)

☆☆☆☆

仙台での研修会、年代別子宝漢方相談のスライドの映像

<2015年7月26日 仙台市

昨日の7月26日、仙台市のホテルで南東北中医薬研究会の漢方定例会に妻と一緒に参加しました。

広島や島根、鳥取など西日本、また東京で活躍されている、中医不妊症の専門家 劉先生が初の仙台での講演会でした。

大変にご高名な先生でイスクラ不妊症専門漢方講座の立ち上げ当初からの中心的な存在です。

テーマは「不妊症の年代別子宝漢方相談」でした。

西洋医学の生理の仕組みのスライドの映像です

今週、時間をみて勉強して参考になったところを記録していきたいです。

今日は時間がないのでアップしません。

亀鹿仙(きろくせん)という亀ちゃんスッポン製剤の全国での評判や海精宝(かいせいほう)という花膠製剤の応用方法など、不妊症の漢方相談の現場に適した方法を教えて頂きました。

大崎市泉区からの漢方の先生たちも熱心に質問されていました。

劉先生は、体外受精がうまくいかないときの漢方相談やFSHが高いときの漢方対策や無月経子宮内膜症などの漢方対策に明るいですから私も多くのことを学んできました。

鎌倉山、通称 ゴリラ山

<2015年7月26日>

東根市から仙台市に向かう48号線で宮城県に入ると印象的な鎌倉山、通称 ゴリラ山です。

この山を過ぎるとやがて西道路、仙台となります。

すっかりと夏です。