土屋薬局|子宝漢方で不妊克服!

子宝漢方で体質改善、妊娠力を高めましょう!山形県東根市の土屋薬局のブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談。自然妊娠、人工授精、体外受精など妊娠したい子宝相談すべて承ります。漢方相談はお電話0237-47-0033店舗または下記の漢方相談表、子宝相談表をご利用ください。ご来店の場合にはお電話でのご予約が確実です。よい結果を一緒に目指しましょう!

卵胞を増やす漢方、育てる。卵胞が楕円形の変性卵への漢方対策

こんにちは。 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 

涼しくなってきた山形です。 

昨日に来店されたお客さま、人工授精を2回しましたが仕事をしているために通うのがなかなか大変とのことでした。 

黄体ホルモンがちょっと少なめ、プロゲステロンを服用していました。 

 

末次月経は8月22日から。 生理痛、血塊、下痢もありません。 

昨年の流産後から基礎体温がずっと高めです。 

低温期は36・5℃、高温期は37℃近くあります。 

口の周りには吹き出物がでやすいです。  

 

病院の産婦人科に通っているときに先生から「卵が楕円形です」と言われていました。 

舌ベロは歯痕があって、尖が赤みがあります。 

苔は白苔気味で多めです。 

ストレスが長期間にわたりあって、同時に胃腸が弱く水分代謝が悪くなって舌が浮腫んで歯形がついて、苔も厚くなっています。  

この舌ベロをみる舌ベロチェックの情報と「卵が楕円形です」の2つを合わせます。

 

ちょうど「卵胞発育不全」に関する中医学の婦人科、子宝漢方相談で変性卵に対する「調胞」という方法があることを知っていました。 

 

変性卵とは 

◎卵胞が丸く円形でない 

◎楕円形や扁平の卵胞は卵胞液少なく張りがなくなっているから 

◎補気補陰をしていく 

 

この理論的な考え方とお客さまの胃腸が弱い気虚の体質と基礎体温が高めは陰虚ですから  

  ↓ 

益気養陰(えっきよういん)していけばいいことになります。 

 

以上は、長沙の尤昭玲先生の理論によるものですが、南京の夏桂成先生の周期療法においても経後期(けいこうき)、つまり卵胞期に一つの胃腸を健脾しながら陰を補っていく方法があります。

 

これがリンクします。 

ということで、お客さまのほうには 

 

☆養血調経に+補腎精(あまり基礎体温が上がらないもの)+益気養陰+甘寒益陰 

 

という感じでご紹介、お勧めしました。 

<基礎体温が高めで、卵胞が楕円形の漢方対策に>です。 

1か月後に基礎体温が落ち着いてきて、お口の周りの吹き出物も綺麗になって頂ければ嬉しいですし、そうなれば子宝にも恵まれやすい、流産しにくい体になっていると思います。 

 

若木神社 夏

<2015年8月19日> 

若木神社 

ヒョウタン

若木山の麓で地元の老人クラブがヒョウタンを植えています。 

それは見事で素晴らしいものです。 

立派でしょう! 

 

夏水仙

夏にそろそろお別れの夏水仙です。

夏を感じる、季節を実感する花の一つです。 

夏水仙のアップ

   

<2016年9月6日追記です>  

卵胞を増やす、卵胞を育てる漢方としては 「増胞」という考え方があります。 

補腎陰薬、補腎薬を使っていくそうです。