土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

不妊症の年代別子宝漢方相談…その6 月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ

シリーズはまだ続いていて季節はすっかりと秋になりました。

前回は「不妊症の年代別子宝漢方相談…その5 ◎生理不順の漢方治療の三拍子」でした。

不妊症の年代別子宝漢方相談…その4 生理不順のタイプ、生理不順の原因

こちらなども参考になりましたら、幸いです。

さて、シリーズその6 「月経不順(後期):卵巣性の基礎体温の特徴 Ⅱ」の巻です。

月経不順(後期) 卵巣性の基礎体温の特徴Ⅱ

不妊症のBBTの基礎体温の特徴:卵胞期長い、不安定、波動が激しい

基礎体温のグラフ

<またヘタウマな基礎体温のグラフになってしまいました。。>

卵巣機能低下、卵巣早衰、FSHが高い

多嚢胞性卵巣、卵巣嚢腫

中医弁証──肝腎陰虚(かんじんいんきょ)、痰湿瘀血(たんしつおけつ)

漢方方剤─補腎薬+去痰(きょたん)、活血(かっけつ)剤

補腎薬…夏至冬至に採れる漢方薬→不正出血の予防にも、人参と海馬が配合されている脾腎に良い漢方薬→健脾化痰する。

去痰→チャガ  たとえば、3ヶ月間1つの卵がホルモンを邪魔する。E2は上がってしまう

活血剤→<基礎体温が高い> 水蛭配合の漢方薬、 <基礎体温が低い> 丹参製剤や桂枝と茯苓が配合された漢方薬など

生理不順(後期):医原性の基礎体温の特徴 Ⅲ

不妊症の基礎体温の特徴:卵胞期長い、不安定、高め

基礎体温が不安定、卵胞期が長い、不安定、高め

基礎体温は36・5℃以上>

長期間に渡る排卵誘発剤の使用、子宮内膜症治療など

中医弁証─痰湿鬱熱(たんしつうつねつ)、気陰両虚(きいんりょうきょ)

漢方方剤─滋陰清熱(じいんせいねつ)、去痰解鬱(きょたんげうつ)

夏至冬至に採れる漢方薬、亀とスッポンの甲羅が入った亀食品、知母と黄柏が配合された虚火を鎮める補陰の名方、枸杞の実と菊の花が六味地黄丸に配合された名方、水蛭配合の破血薬など

烏瓜の実がブロック塀に

<2015年11月4日>

烏瓜の白くて可憐な花は、すっかり熟した果実となりました。

葉っぱも紅葉で秋という感じです。

秋の熟した烏瓜の実です

銀河鉄道の夜では烏瓜の実の灯りを思い出します。

若木山公園もすっかり秋。ブランコと銀杏の風景

若木山公園に足を運びました。

すっかり赤黄色の風景で紅葉が美しいです。

ブランコと銀杏の風景もなかなかですね。

地面に落ちた銀杏の実です

今年も銀杏の香りが公園中に広がる季節となりました。