土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

第二子不妊の漢方相談で授かったお礼のお手紙と赤ちゃんの写真

こんばんは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は一転して昨日とは違って、寒さが厳しい朝でした。

そろそろ雪降る季節になるのでしょうか?

でもお客さまとも「今年は暖冬ですね」「たしか去年は早めに初雪があったような…」という会話を薬局でしております。

[E:apple]

今日はまず朝のうちに土屋薬局 中国漢方通信のホームページを手直ししました。

新しくなりました漢方相談表 「漢方相談について/漢方相談表

新しくなりました子宝相談表 「土屋薬局 子宝相談表」 

新しくなりましたご質問、ご感想フォーム

今まで自作していた送信フォームがとうとう使えなくなる日を迎えまして、会計事務所さんに相談したところ社内に専門家がいらっしゃるとのことでした。

インターネットのプロに外注しましたので、今度はアイパッドのようなタブレットやアイフォンのようなスマートフォンなどからも漢方相談の専門的なフォームが使えます。

漢方相談は本来は来店しての相談が一番ですので、利用されるかたは多くはないと思いますが、必要とされる場合もあるでしょうからグレードアップしました。

[E:apple]

次に、「“朝鏡の前でニッコリ しあわせ天使が舞いおりる”」の第二子不妊の漢方相談のお客様から頂戴しましたお手紙を名前のところなどを隠してケースに飾らさせて頂きました。

第二子不妊の漢方相談で授かったお礼のお手紙と赤ちゃんの写真

<2015年12月10日 土屋薬局店内 第二子不妊の漢方相談で授かったお礼のお手紙と赤ちゃんの写真>

これはいわゆる「島陳列」のところに飾りました。

漢方相談の壁面が嬉しいことに赤ちゃんの写真でいっぱいになりましたので、工夫して飾る場所を考えました。

第二子不妊の漢方相談で授かったお礼のお手紙と赤ちゃんの写真

第二子不妊の漢方相談で授かったお礼のお手紙と赤ちゃんの写真

「土屋幸太郎様

朝夕は寒気がひとしお身にしみるようになりましたが、お元気でいらっしゃいますか?

大変ご報告が遅くなってしまいましたが、7月10日に無事に2936gの男の子を出産することができました!

笑顔と元気を与え、みんなから愛される子に育ってほしいという想いを込めて   という名を贈りました。

納豆の日に生まれたので粘り強い子にも育ってくれると嬉しいです。

待望の第二子はとにかく可愛くて可愛くて、毎日がとても幸せです。

なかなか授かる事ができなかった辛い日々を思い出すと幸太郎先生に出逢えた事は本当に運命だったと思います。

私を暗い日々から救って下さり本当に感謝しています。

12月で5歳になる娘も大変喜んでおり、沢山お手伝いをしてくれます。

最近では、服をぬがせお風呂に連れていってくれたりとお姉ちゃんぶりを発揮しています!

息子もそんなお姉ちゃんが大好きで、顔を見るとキャッキャッと声を出して笑っています。

改めて子供のいる人生ってステキだな、子供の笑顔が一番だなと思うこの頃です。

先生から昨年秋にいただいた一枚のハガキを今でも大事にさせていただいています。

“朝鏡の前でニッコリ しあわせ天使が舞いおりる”

何度も何度も見て励まされました。

本当に本当にありがとうございました。

向寒の折、くれぐれもご自愛くださいませ。」

第二子不妊の漢方相談で授かったお礼のお手紙と赤ちゃんの写真

こちらこそ、素敵な嬉しいみんなが笑顔になるようなお手紙ありがとうございました。

今後とも薬剤師として中医学、漢方の勉強、努力していきたいです。

カリン

<2015年12月9日>

昨日は天気が良かったのでお昼休みに久しぶりに散歩しました。

これはカリンかカリメロか悩んだのですが、夜に妻に写真を見せたところ「カリン!」と即答でした。

カリン

12月も過ぎ行き晩秋、来るべき冬といった感じの神町でした。

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局