土屋薬局ブログ|子宝相談、痛みしびれ、気になる不調

土屋薬局ブログ。薬剤師・不妊カウンセラーの土屋幸太郎がお届けします。私自身、不妊体験を経て、漢方療法の力で子供に恵まれました。その経験を活かし、皆さんに健康で幸せな家庭を築くお手伝いをしたいと思っています。薬局には女性薬剤師も在籍し、気軽にご相談いただけます。健康に関するお悩み、不妊治療、妊活相談、痛みやしびれに関する漢方相談など、お気軽にご連絡ください。お問い合わせやご予約は☎️ 0237470033までお願いします。一緒に幸せな未来を築きましょう。

不妊症。友人から土屋薬局さんの「子宝漢方」を紹介されました。

不妊症の漢方相談の話です。

不妊症で悩んでいたときにお友達の紹介から「土屋薬局の評判」を聞いて漢方相談に来店されたお客様のその後を掲載しています。

 

不妊で悩んでいたときに友人から土屋薬局さんの子宝漢方を紹介されました。:漢方体験.com

www.kanpo-taiken.com

 

正しい漢方相談、またちょうど良い時期にご来店されたお客様の場合には、意外に早く生理周期、月経周期が整って妊娠!と嬉しい結果につながることも多いようです。

 

でも「釘を刺す」言い方ですが中国の婦人科漢方外来でも「2年間」は余裕をみてじっくりと体調を整える、たとえば「生理痛の緩和」だったり「PMSの緩和」を目指しますので、ある意味「焦って漢方相談」してもどうしようもないこともあります。

 

また「中国の不妊症の漢方相談と日本の漢方相談で決定的に違う」とよく言われることは「年齢層」です。日本のほうが「高齢化」していて「40歳前後」が多くなってくるのに対して中国では「30歳前後」と若い年齢層の不妊症の漢方相談が増えてきます。

 

女子は「7の倍数」で成長、発育、老化していきますから「年齢層が高い」場合には補腎(ほじん)といって卵巣機能、子宮の機能を高めることもより必要だといえます。

 

上記のリンク先もぜひ参考にしてくださいね。

 

山形県内の漢方相談、ぜひご来店のうえご相談お寄せください。

tutiya.la.coocan.jp

tutiya.cocolog-nifty.com