はてな版土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

山形市のお客様から無事に2人目も出産されたという嬉しいお手紙

 

今日一日の振り返りです。

朝は郵便屋さんがひらりと封筒を持ってきてくれて、山形市のお客様から無事に2人目も出産されたという嬉しいお手紙でスタッフ一同感動しました。土屋薬局からは出産のお祝い品をお贈りさせて頂きました。

 

そのお客様は保育士さんで、保育士さんのベビ待ち、不妊の子宝漢方相談をお受けする機会が多いのですが、「ストレス対策」「励まし」なども重要な要素、ファクターになってきます。女性特有の職場で不妊治療で仕事を休みづらいことと、本人様が子供が好きなのに授からないプレッシャーなどあります。これは何人かの保育士さんの子宝漢方相談をしていかないとその「深い気持ち」を理解できないと思います。できるだけ力になりたい。そう思って真摯に対応させて頂いています。

 

そういえば先月も妊娠5ヶ月になった保育士さんから実家で採れたブドウやリンゴを頂戴しましてかなり感動しました。(しかもとても美味しかったです) 流産を乗り越えたり、仕事上の辛いプレッシャーを乗り越えたり「二人三脚」的な気持ちの寄り添いも大切です。保育士さんを嫁にもらったご主人様も奥さまを支える気概がないと夫婦の愛情の助け合いが難しくなるかもしれません。参らないように早めに精神的なケアをしながら、そして皆様子宝に恵まれて頂きたいです。

 

今日はその他は40代の方の子宝漢方相談や早発閉経の方の漢方相談など。50代の女性の健康相談もありました。50代や60代の女性の方も熱心な方が最近多くて嬉しいです。そちらの年代の健康サポートも上手になりたいです。私も50代の足音を聞いていますので上手に年を積み重ねていきたいです。

 

土屋薬局 中国漢方通信

tutiya.cocolog-nifty.com