土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

2人のお子様に恵まれたお客様からのご紹介と生理前の食べ物

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は山形、平地でも初雪となり、昨日の夜は「明日の天気予報雪だるまマークだね!」「雪が最初に降るときって緊張するね」などと妻と語りながら「朝に起きたら白い世界になっていたらどうする?」と妙に子供のようにウキウキした気持ちになりました。

車のタイヤ交換は昨日、一昨日に終わらせて、これからはもし仙台に行くときなどでも「峠越え」にスタッドレスタイヤ力を発揮しそうです。

今日の午前中は「山形市のお友達から今年の春に土屋薬局さんを紹介されて、それからずっと来たい、来たいと思っていたんです」というご主人様と夫婦でのご来店の初来店のお客様がいらっしゃいました。

お友達のかたは2人のお子様に恵まれて幸せで、元気に毎日を暮らしているそうです。

ご紹介されたお客様の場合には、当店のことも知っている方からの紹介ですから、わりと不安のようなものがなくて、スッと溶け込めるようです。

今後の良い結果となりますことを心から願っています。

さて、昨日の午後に来店されたお客様から「生理前にはどのような食べ物がいいですか?」とご質問があり、実は中医学の薬膳はとても深いので、困ってしまって助け舟。

東京のイスクラ産業さんに電話をしたら私の師匠の何先生が出勤していらっしゃいました。

ログさせてください。

土屋 「何先生、生理前に食べるものでお勧めのものございますか?」

何先生 「生理前の食べ物は、出血があるから、まずは温かいスープがお勧めです。

豚汁とか、そう、山形だったら芋煮とか。

水も補充できるし、身体を温めることができます。

冷たいものは生理期間中はなるべく避けます。

季節によって、生理前は温かいものを食べるといいです。

たとえば、ゴマは鉄分があるし、豚の角煮などもいいです。

大豆、ひじきの煮たものも鉄分の補充にいいです。」

土屋 「生理前のイライラに良い食べ物ございますか?」

何先生 「うーん、そうですね。食べ物というよりはこれはもうイライラには逍遥丸が一番と楽になるものです。

漢方薬を上手に使ったほうがいいと思います。」

と、助け舟の回答をお客様にお伝えすることができました。