土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

新規の子宝の漢方相談と甲状腺機能亢進症

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日は県南の置賜地方からの初めてのお客さま、金曜日にカップルでのご来店に初回の漢方相談でしたので1時間半ぐらい丁寧に応対させて頂きました。

奥さま、ご主人様も喜ばれたようですので、私も嬉しくなりました。

基礎体温表は、1)全般的に低め 低温期が36・3℃いかないときも 高温期は36・7℃いかないときも 2)月経周期が長めで28日より長く、35日だったり40日周期だったり

これはご飯を炊くお鍋の水の火力が弱くて、なかなかご飯が炊きあがらない状態です。

ちょっと火[E:#x1F525]を強めて冷え性を改善していけば、基礎体温表の改善、月経周期の改善、妊娠も早めになりやすいタイプです。

益気養血(えっきようけつ)、疏肝(そかん)、補腎陽(ほじんよう)などを組み合わせればバッチリです。

基礎体温が高めで低温期が36・5℃以上、高温期が37℃を超えている方よりもシステム上、改善が早いのでそのことなどもお伝えしました。

これは不妊症、周期療法で有名な南京の夏桂成先生たちの教えでもあります。

妊娠しやすいこと、大丈夫なことをお伝えしました。

…と、午前中の仕事の初めにコラムを書いていたのですが、その後、新規での真剣なご相談のお客さまが2組続きまして、その後もお客さま夫妻でのご来店があり、午後2時43分です。…

今日の午前中のお客さま達は、新規でのご来店の場合には丁寧に説明していますので1時間半前後時間をとりました。

久しぶりにお昼の時間も2時過ぎに入って午後の仕事中です。

昨日、常連のお客さまの友人が甲状腺機能亢進症で病院で検査したら「まだ検査値が軽微だし、お薬を服用するまでないし、副作用も心配だし、、」と医師の先生に言われたとおっしゃっていました。

ちょうど上記中医免疫学入門の「よく見られる免疫疾患の治療」に「甲状腺機能亢進症」がありました。

この本があって助かりました。

お客さまにも甲状腺機能亢進症の中医学、漢方的な対処法を説明し、ちょうど土屋薬局にその本で書かれていたような似たような漢方製剤がありましたのでオススメできました。

ちょっと文章を紹介します。

「近年、甲状腺機能亢進症 hyperthyroidism(以下HTと略す)患者の血清中に80%以上の確率でもって、長期作用性甲状腺刺激物質(LATS)が存在することがわかった。

これはIgG抗体に属する免疫グロブリン甲状腺を刺激して甲状腺の機能を更新させる。最近、内蒙古自治区

…以下省略」

この中医免疫学入門からは中医学的には「甲状腺機能亢進症の発症の要因としては、多くの場合には精神的な要因が絡んでいることが考えられること。

病態的には肝気鬱結、痰火凝結、あるいは陰虚陽亢、肝鬱痰凝、あるいは気陰両虚に肝鬱痰凝を兼ねるものが多いとしている。」

ということでした。

かなり中医学漢方薬も役立つようです。

お友達、疲れやすいとのことですから元気になって頂きたいです。

それでは2月25日の午後も仕事がんばります!

今日は2組とも「丁寧にご相談して頂きましてありがとうございました」「時間をとって頂きましてありがとうございました」と感謝もされて嬉しいです。