土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

髪の毛の漢方相談と耳鳴りの漢方相談

こんにちは。 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 

だいぶ春めいてきた山形県東根市です。 

先週の土曜日の漢方相談会は、教員の先生方2名が来店されました。 

1人のお客さまはもう10年ぐらいのお付き合いです。 

土屋薬局では比較的に髪の毛の漢方相談が多いのですが─「薄毛、抜け毛に育毛効果・改善の漢方薬‥脱毛と白髪対策に」─先生はもう初めて来店されたときには帽子が欠かせない状態でしたが、いまは帽子を被らなくても髪の毛フサフサです。 

素晴らしいです。

 

 髪の毛の漢方相談と耳鳴りの漢方相談

「教員はやっぱり生徒たちと歳が近いほうがうまくやれるような気がします」 

「年をとるとどんどん生徒たちと歳の差が開きますから。。」 

と、先月にお話をお聞きしまして私もしみじみしたものですが、先月にお勧めした漢方薬は髪の毛に調子が良かったそうです。(そろそろ先生も私も人生の折り返しから後半戦に突入です) 

補腎薬といって髪の毛の漢方相談の場合には、若返りが必須ですが、先生はもう10年たっても老けずに若々しいです。 

午後の先生は通知表をつけるために土曜日、学校にいって仕事をしてきた帰りでした。 

先生は、なんと耳鳴り治りました。 

素晴らしいです。 

お顔もスッキリとした表情です。 

2年間悩んでいた耳鳴りが無くなってきて小さくなってきた当初は「信じられない」と驚いていましたが、今は自然に過ごしていても耳のことがまったく気にならなくなったそうです。 

今まで1つの漢方薬として、風寒(ふうかん)。つまり山形の秋冬の寒さ、風の冷たさにより脳の血管が影響を受けたりして耳鳴りがひどくなる可能性を考えたので頂調顆粒という耳鳴り対策にお勧めしたのですが、今度は3月になって肝木(かんもく)の季節ですから、逍遥丸にチェンジしてもらって頭痛などストレス対策に様子をみてもらうことにしました。 

逍遥丸だと小さいほうは252丸で1600円(税抜き)と薬局の漢方では比較的に金銭面の負担が少ないのでお勧めしやすいということもあります。 

そういえば、漢方薬は1日3回とか2回のお勧めでなくて、当初から寝る前だけ1日1回 3種類ぐらいの漢方で1週間分ずつとちょっと特殊な方法でしたが、仕事帰りに薬局の立ち寄ってもらえるので臨機応変な対応が可能でした。 

最近、聴力が上がって電子レンジの音や車のバックの音も聞こえてお友達と会話ができて楽しい!という女性のお客さまもいらっしゃいますし、耳鳴り、難聴の漢方相談は一定の手応えを感じています。