親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

リウマチの漢方認識と生活養生法

先日、8月24日に中医痺証IP通信講座第三回「症例から痺証を学ぶ」関節リウマチの再認識をイスクラ産業の中医学講師 陶恵寧先生から教わりました。

そのメモ書きで大事なところを個人的にログしていきます。

白花蛇◯草…清熱解毒、ガンにもよく使う。

だるい痛み…酸痛→虚証

酸痛とは、だるい痛み

杜仲→補腎、当帰→和血、黄耆→補気利水

リウマチの弁証論治

痰瘀痺阻(たんおひそ)

痰湿と瘀血が重要なところ→夜に痛み、朝のこわばり

たとえば、丹参製剤、水蛭製剤に独歩顆粒

リウマチの画像

<リウマチの画像>

肝腎不足には独歩顆粒+参茸補血丸または亀鹿仙

参茸補血丸は冷え性、亀鹿仙はほてりのタイプに

独歩顆粒は補腎の働きはそんなに強くない。

30~40代は補陰。

60~70代は補陽。

補陰が最初、陽虚→陰陽両虚

◎健脾益気によるリウマチの漢方治療

後天の本(元)、気血生化の源

胃気があれば、、胃気がなければ、、、

①エネルギーをつくる

②気が強くなると水分代謝が良くなる→腫れがひく 

健脾去湿が大事

③水は下に流れる→足のくるぶしの腫れ

④発熱、湿の存在が高い

⑤防己の入った漢方など

代表の生薬 

党参、白朮、白扁豆、山薬、ヨクイニン、炒り麦芽など

代表漢方 

補中丸、健脾散、健胃顆粒、晶三仙

リウマチの画像

<リウマチの画像>

◎どうしてリウマチに虫類薬を使うの?

①虫 入絡→捜風去毒、逐邪外出

鹹味でしょっぱいから、硬いものを柔らかくする

②毒あり

小毒→「毒をもって毒を攻める」

③血肉友情の品

大量タンパク質

代表漢方

イーパオ、水快宝、地竜など(地竜は涼性)

リウマチはアリ、アリは使ったほうがよい

亀鹿仙は、亀、スッポン、鹿

亀→陰

スッポン→陰

鹿→陽

陰に陽を加えるとますます補陰作用が強くなる

◎どうしてリウマチの「冬病夏治」が必要?

冬は陰、夏は陽

「冬病」 冬季によく発症される疾患、冬季になると症状がひどくなる疾患(寒湿性疾患)

「夏治」 夏季、自然界と身体の陽気が一番盛んになる時期、温補陽気、散寒去湿、活血通絡などにより、病邪の侵入を防ぎ体質を高めたり、陰寒の邪気を払ったりすることで、疾病の予防と治療する。

◎どうしてリウマチの「冬病夏治」が必要?

①夏になると暑くなることで緩和されるため、治療を止めることが多い。

夏の治療=治療+予防

②暑邪+湿邪

生もの、冷たいものの過食過飲、クーラーの効きすぎ、扇風機の効きすぎ

◎リウマチの中医学治療の注意事項

守法→維持して飲んでいく

長期「作戦」の覚悟

弁証論治

高齢者、体弱者に激しい漢方は使わない。

体弱者に「健脾養胃」を配合する。

健胃顆粒、晶三仙など。おかゆを食べたり

◎リウマチの生活養生

飲食 

①あっさりしたもの

利水去湿出来る食べ物→緑豆、赤豆、ヨクイニンなど

おかゆ、ご飯に緑豆を混ぜて炊く→残りはスープ、尿を出す。

スイカの皮、白いところを炒めて食べる。

②冷たいもの、冷蔵庫に冷蔵されたものを避ける(寒)

③甘いものを控える(湿気)

起居

①部屋の乾燥(防湿)

②汗をかくとき、冷房、扇風機などを避ける(湿、寒)

③出かける時、日傘、帽子

鍛錬

散歩、太極拳など

リウマチの画像

リウマチの画像

リウマチの膠原病の漢方で肩や肘の痛み。鎖骨や膝痛も改善

リウマチ、膠原病の漢方薬

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。